2004年10月16日

鳴らないピアノ

ハイジ(斉藤祥太)泣くな。泣くんじゃないハイジ。

ハイジ、ハイジ!



ふんばった。ハイジおじちゃん、ふんばったよ。

ozy-はふんばれなかったけれども。



鳴らないピアノのメロディーを、僕らは一緒に口ずさむ。

七海(山内菜々)が歌えば僕らも歌う。

切なさなんてサヨナラさ。明るく元気に歌うんだ。

僕らは「ななみと一緒にさけぶ会」



ホットマン2』Story#02 “一人ぼっちの七海”



お、雪水(黒谷友香)



刀記(深水元基)

「俺の彼女なんだ。元な」



元な、が泣けます。

商店街の奥の方で、欽ちゃんが「バンザーイ! なしよ」

とフリ付きで応援してくれているような気がしました。



七海

「エンゾ(反町隆史)は学校に行かないの?」

あ、今エンゾって

「うん、やっぱりエンゾはエンゾだね」

ななみー!!!





---
backホットマン2/七海祭next
posted by ozy- at 08:31 | aada coda iu(12) | track back(1) | 2004年
この記事へのコメント
私も叫ばせてもらいます。七海〜。2話は泣けました。ボロボロです。七海って悲しい芝居をやらせたらピカイチですね。もう、駆け寄って抱きしめてくなるのをどれだけ我慢したかわからないくらい、七海が愛しかったな。会社で見ている仲間も同じことを言ってましたけど。予告見てもまた、給食のことでエンゾに涙流しながらいいのー、いいのーって言っていたシーンで涙がでてしまい、予告で泣かす七海ちゃんとは将来絶対大物になると確信しました。
Posted by のりこ at 2004年10月16日 14:59
キラキラ光る、お空の星よ♪歌いながら紙の鍵盤を指でなぞっているシーン、教科書にいたずら書きされたのを消しゴムで消しているシーン、なんて切ないのかなーと思いながら涙しました。菜々ちゃんの演技が光っていますね、お嬢様役もいいけれど菜々ちゃんは耐える役が本当に似合っている子ですよね。うまかった、7歳とは凄いです。
Posted by sanae at 2004年10月16日 15:05
のりこさん、いらっしゃいませ。
駆け寄って抱きしめたくなる気持ち、痛いほどわかります。
私はどうして円造ではないのかと、時々考えたりします。

会社でも話題になっているなんて、良い環境でお仕事されて
いるんですね。とてもうらやましいです。
私の職場は男ばかりなので、なかなか話題にしづらいです。
今度、おもむろに画用紙にピアノの絵を書いて
♪キーラーキーラーひーかーるー
と歌ってみようと思います。

来週もさけび所が盛り沢山ですね。
一緒に、さけびましょー。
Posted by ozy- at 2004年10月17日 22:13
sanaeさん、いらっしゃいませ。
わぁ七海祭っぽくなってきましたよ。

七海が切ない時は、見ているこちらも一緒になって
切なくなるんですよね。
#この状態を私は“ななキュン”と呼んでいます。
その分、七海が「エンゾー!」と求める時は思いっきり
「ななみー!」とさけぶ。七海が「えへっ」なんて
素振りを見せたら、ここが世界の中心だと思って
「ななみー!!」とさけぶ。ななキュン状態が長ければ
長いほど大きな声でさけびたい。もちろん心の中で、ですが。

これだけ入り込んで見てしまうということは
菜々ちゃんの演技は素晴らしいんでしょうね。
『ホットマン』を見ている間は、七海は七海
としか見られなくて、あまり演技のこととか
コメントができなくてごめんなさい。
#この状態を私は“ななチュウ”と呼んでいます。
Posted by ozy- at 2004年10月17日 22:17
こんにちは、2話の商店街でのシーンで刀記さんが七海ちゃんを肩車して、オモチャのチャチャチャ♪を歌っていましたが、監督から刀記はこの辺でホットマンごっこしててと言われ深水さんが考えたアドリブだったそうですよ。歌詞がわからなくてナナに教えてもらったんだと話されていたそうです。背が高い刀記さんの肩車はどこまで見えてたのかなーと微笑ましい感じですね。明日は3話、野球中継で時間がずれそうなので要チェックですね。
Posted by くみ at 2004年10月20日 15:27
くみさんはどうしてそんなにお詳しいのですか。
そろそろ正直におっしゃってください。
やっぱりホットマン2のスタッフさんですよね。

今回の王様のブランチのホットマンコーナーは
我らが菜々様でした。
龍ちゃんのカメラに菜々様の顔が近づく近づく、
もうこっちもアップアップでした。
Posted by ozy- at 2004年10月26日 22:37
私はスタッフではありませんがスタッフさんにお友達?がいます。でも個人的に菜々ちゃんが可愛くてしかたない1ファンですが。もう、初めてホットマンを見たときからもうノックアウトされてからの応援です。子役さんはたくさんいますが菜々ちゃんは何かもう抱きしめたくなってしまう可愛さがあるんですよね、子供らしいし。あの可愛い声も笑顔も疲れた心を癒してくれます。少しだけ彼女に関する情報を友人が教えてくれるのでまたここでお話させてください。4話も良かったですね、可愛さ炸裂で、七海ちゃんって本当に良い子ですよね。いちごちゃんも可愛いけれどどうしても七海ちゃんに目がいってしまいます。ごめんね、加恋ちゃん。
Posted by くみ at 2004年10月29日 18:59
本当に正直におっしゃって下さったんですね。
なんというか七海祭を始めてよかったと思いました。
くみさんの目にとまったこのページは幸せものです。

菜々ちゃんに対する想いは、くみさんとまったく同じです。
もし付け足すことがあるなら、自分の子供が生まれたら
菜々ちゃんの友達になってもらいたいということ位です。

ホットマン2を見ていても毎回思うことがあります。
「全ては七海に救われる」
最後は七海の笑顔に私達は救われてしまうんですよね。
なんというか、天使です。
Posted by ozy- at 2004年10月29日 23:21
はじめまして。私も七海ちゃんのとりこになっています。どうしてあんなにいい子なんでしょうか。健気で優しくて可愛くって天使ですね、まさに。暗くなりがちなシーンも辛いシーンも全て彼女の笑顔や声で癒されてしまっています。このドラマでの七海ちゃんの存在がすごく大きく感じます。七海はもう絶対菜々ちゃんしかできないですよね。一緒にあそぼうねって誰もいない家の前で叫んでいた七海ちゃんを思わず抱きしめたくなってしまった私です。こんな子供がそばにいてくれたらいいのになと思ってしまいます。エンゾが羨ましいな。
Posted by さきこ at 2004年10月30日 15:54
お邪魔します。私も七海ちゃんが大好きです。ホットマン2になってたくさん七海ちゃんが見られるのでうれしいです。七海ちゃんが笑えば私も微笑んでしまうし、切ない表情は私まで悲しくなって、泣いている所ではまさにボロボロ状態になって見てしまいます。人の事ばっかり考えて心配する七海ちゃんが本当に愛しくてたまりません。エンゾの大きな愛で育ってきたからか家族みんなが七海ちゃんを見守ってきたからかこんなによい子が育ったのかなとか真剣に考えてしまうほどです。あのとっても良い表情がホットマンのドラマをよりいいものにしている気がしています。私も叫ぼう〜。七海〜。
Posted by miya  at 2004年10月31日 09:47
さきこさん、いらっしゃいませ。
七海の可愛さを思わず「天使」と言ってしまいましたが、
当然 七海もひとりの人間で、悩みもいっぱい抱えていて、
でもそのひたむきさが私達に「抱きしめたい」という感情を
いだかせるんだろうなって。

その抱きしめたい気持ちは降矢家全体を包み込んでいて、あの
降矢家の温かい雰囲気はそんな所から生まれてくるんだろうなって、
ちょっと思っちゃいました。
Posted by ozy- at 2004年10月31日 23:07
miyaさん、いらっしゃいませ。
パート1からご覧になっているんでしょうかね。
先日、レンタル屋さんに行ったら『ホットマン』のパート1の
DVDが新着コーナーにずらっと並んでいました。
思わず手に取りましたが、1年前の七海の写真に一瞬めまいを
おぼえました。

今週分の『ホットマン2』のビデオを今朝(10/31)見ました。
その勢いで日記も書いてみましたが、書きながら
七海になってました。
あやめ先生と七海が教室で話し合ってるシーンを
何度も見返しました。何度も何度も泣きました。
「人の事ばっかり考えて心配する七海ちゃん」は
「七海のことばっかり考えているエンゾ」の影響
そのまんまなんですよね。
七海に対する降矢家の愛情を七海はスポンジみたいに
吸収していたんだなって、成長した七海を見ていて
つくづく思います。
Posted by ozy- at 2004年10月31日 23:12
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


思うつぼ
Excerpt: 『黒革の手帖』の後に続けて録画してました七海ちゃんと志麻姉ちゃんのお風呂のシーンからスタートです・・・なにかポイントになるシーンを見損ねてないでしょうか・・・(涙)『ホットマン』はエンディングの間ずっ..
Weblog: Diary
Tracked: 2005-01-01 00:00