2004年01月19日

おかえりなさい

海賊です。
#真琴(佐藤隆太)



プライド』 Periodo2 “孤独に負けない強さ”



待ってました。
中江功渾身のオープニング。
ハル(木村拓哉)もやってましたが、
やはり「湖に向かってガッツポーズ」は基本形です。




セリフの一つ一つをかみしめながら見ています。
聞き漏らすまいと、普段より気持ち3センチ 前のめりで。
少しでも気を抜くと、野島伸司にすぐ置いてかれてしまうので、
必死になって追いかけっこです。
一言一言を かみ砕いて、染みこませています。
ココに。
#ぐっと胸をつかもう


お話がしっかりと円になってるんですね。
最初と最後が、ジグソーパズルのようにピタッと合わさる。
一話の中で言いたいことをバシッと言い切る。
「もう一度見たくなるドラマ」
僕らの野島伸司が帰ってきました。



---
backPRIDEnext
posted by ozy- at 22:48 | aada coda iu(2) | track back(0) | 2004年
この記事へのコメント
なんでかなぁ・・・?
来たら、日記がなかった・・・
でも、こっちにはあった!(笑)

なるほど・・・
これが基本形なんですね・・・

キムタクのドラマを見ると
キムタクのファンじゃない事が悔しくなります。
Posted by カッペちゃん at 2004年01月20日 00:56
楽天は投稿してから表示されるまで、
少し時間が掛かるようですね。

最近では、こちらのWEBLOGページに
直接書き込んでますので
「今日は書いてそうだな」
という時は、覗いてみてください。
文章が変わっていく様子が
リアルタイムで見られるかもしれません。

キムタクについて書いていたら、
ノリノリになってしまい、ついつい長くなってしまいました。
その辺は日記にしてみましたので、よろしければどうぞ。

何んだかんだ言ってもですね、
「今キムタクに替わるような人はなかなかいない」
ということです。
#最後、ものすごくフォローっぽいですね
Posted by ozy- at 2004年01月22日 00:40
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです