2004年01月28日

なんか嬉しそうですね

徹朗(草なぎ君)
「おしい、凛。あとちょっとだったぞ」


とっさにこの言葉が出てきた時、
ああ、このお父さんはもう大丈夫だと思いました。



僕と彼女と彼女の生きる道 』 第4話 “愛おしい娘”



「見たよ凛。やったぞ凛。すごいぞ凛、すごいぞ凛」


悲しみのど真ん中に、ふっと湧きあがる喜び。
振り幅が大きければ大きいほど、
心って ぐらんぐらん揺り動かされるのかもしれませんね。


子供の“その時”“その時”の瞬間に立ち会えるって、
親にとって幸せなんだろうなと、想像ですけどね、
そう感じました。


凛ちゃん(美山加恋)の笑顔は素直に嬉しいです。
うん。ただただ嬉しいです。



---
back僕と彼女と彼女の生きる道next


posted by ozy- at 00:20 | aada coda iu(0) | track back(0) | 2004年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです