2006年11月23日

いぶき

和田一範(筧利夫)
「吸ってー」
すぅー


「吐いてー」
ふぉー


コトー(吉岡秀隆)
「次は思いっきり吸ってー」
すおぉー


「止めて」
…。


#今,同じ顔をしてる人が 一万人はいるような気がします.


Dr.コトー診療所2006』 第7話 「命の期限」


坂野ゆかり(桜井幸子)
「あの子が大きくなって、字が読めるようになったら…」

生まれる前から知ってる
みんなの千賀ちゃんですもんね。


---
backDr.コトー診療所2006next

posted by ozy- at 23:59 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2006年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


Dr.コトー診療所2006 第7話
Excerpt: Dr.コトー診療所2006 第7話。「医療と命」の重い問題が投げかけられたお話。今回スポットが当たったのは坂野夫妻(大森南朋、桜井幸子)です。桜井幸子さんって、もう随分女優生活長いのに、変わりませんね..
Weblog: フジテレビのドラマ@情報室
Tracked: 2006-11-24 01:09