2006年09月30日

虹色の青春

鈴村杏子(井川遥)
「もっと早くに気付いとったら、こんなことにならんかった」

杏姉ちゃん、そんな自分をせめんで。



松井桜子(宮崎あおい)
「こうやって立ち止まって見てみると、
 まわりのもんはみんな輝いとる」

そうだね。


桜子
「人生に無駄な時間なんてないんだよね」

そうなんだよね。時間は気の持ちよう。
ムダだと思えばムダな時間になるし、
かけがえのない時間だと感じることができたら、
素敵な思い出として いつまでも残っていくんだよね。



新聞の記事を読む桜子
「一方、花岡八洲治(相島一之)は…」

ヤース。マイブラザー(第22週)

それにしても勇太郎(松澤傑)はいいパス出します。
さりげなくね。
桜子にとっては、励みになる記事なんですよ。
これでも姉のことを応援しているんです。
わかりにくいですが。



鮎川磯(室井滋)
「理屈じゃないの。女って生きものは」

響きました。

了解しました。


純情きらり』 第26週-最終週-「いのち、輝いて」


桜子
「だったら私は、子供を産みたいです」

支えですよね。


桜子
「昨日、達彦さん(福士誠治)がもういっぺん先生と
 話し合おうって言ってくれた時、目の前がぱーっと
 明るくなって、元気になったんだよ」

じんわり、じんわりと泣いていました。
今の桜子には支えてくれるたくさんの人達がいる。
それは、桜子が今まで支え合ってきた家族や仲間、
そう、愛する人たちがいるんですよね。


有森マサ(竹下景子)の語り
“それから桜子は、目に見えて 活力を取り戻しました”

桜子にとっては、何かと向き合うことで
生きる張りがうまれるのかもしれませんね。



勇太郎
「ホントに姉ちゃん 元気そうだな。病人には見えんよ」

今の姉に言ってあげられる精一杯のトルネードLOVEでした。


杉笛子(寺島しのぶ)
「何よ叔母さん。おそががらんでって」

笛姉ちゃん、突き飛ばし過ぎだわ。
磯叔母さんが画面から消えましたよ。


杉冬吾(西島秀俊)
「桜ちゃんに聞かせたいんだな」

子供たちの歌声。亨が吹くハーモニカの音色。
ふるさと。
私は泣くことしかできませんでした。


桜子
「ねぇ。お願いがあるんだけど」

この流れは、 ま さ か


マサの語り
“桜子の人生に寄り添い、喜びと悲しみ、別れと出会い、
 そして再会を 見守り続けてきたピアノでした”

のっけますか。お母さんの語りを。
最後の最後の「埴生の宿」にのせて。


桜子
「ありがとう」

ともに歩んできたピアノに対して、
そしてピアノを弾く姿をいつもどこかで見守ってくれていた
お母さんとお父さん(三浦友和)、お爺ちゃん(八名信夫)に対しての、
感謝の言葉だと私は受けとめました。



桜子
「赤ちゃんのための曲。ピアノがなくても、メロディは
 浮かんで来るもんね」

もう お母さんの顔してるんですよね。とっても温かい表情。
その顔を見つめる達彦は、立派な立派なお父さんです。


達彦
「どうした。眠れんのか」
桜子
「なんでもない」

あなたがいて、わたしがいる。
このふたりの間に流れている時間がとても好きです。


ヤスジ
「あきらめないで、これからも 絵、描いてくことにした」

ヤス。ファイッツ。


笛子
「人騒がせな話でしょ。トロいんだもん、この人」

笛姉ちゃん、ド突き 強いわ。



“きいち”

この『純情きらり』日記がキイチではじまって(第1週)
キイチで終わるのも何かの縁かもしれませんね。
おめでとう。



杏子
「叔母さんが病気だってことにしただったよね、あの時」
桜子
「座敷に布団ひいて、急いで寝かせてね」

あったあった。ザ・病人ですよね(第4週)


杏子
「でもあれ、バレとったよね」
桜子
「バレとった」

お富の演技がちーっとナチュラルではなかったかも
しれませんね。完全にプロの技でしたから。

でも、この二人が笑い合ってると、もうホント
姉妹にしか見えません。



マサの語り
“そこに、流れる音楽の中に、桜子の人生がありました”

桜子と同じような顔して、同じように
ポロポロ泣いてるんだろうな。今。



達彦
「昔のことばっかり言わんでくれ」

ううん。言わせて。
今までいろいろあったから、今の私がいるんだよ。
あなたに出逢えて、今の私はここにいるんだよ。



笛子
「私ずっと昔から、あんたにヤキモチやいとった」

どうしようもない思い。でも、それを自分で認めることで、
少し前に進める。
その気持ちを、本人の前で話すことができたら、
それは“I LOVE YOU”と同じ言葉になるんだね。



勇太郎
「俺は笛姉ちゃんと杏姉ちゃん、二人を助けていくで、
 心配するな」

末っ子長男は結局、姉たちのことをずっと見てるんです。
助けられて育ってきたから。
もらったものをかえしているだけなんです。
とても わかりにくいかたちで。



---
back純情きらり
posted by ozy- at 10:33 | 東京 ☁ | aada coda iu(2) | track back(0) | 2006年
この記事へのコメント
最終回。泣きすぎてまだ余韻が残っています。原案も素晴らしかったけど、ドラマも、一つ一つのシーンや台詞が心に残りました。半年間、長いようで短かった。視聴率も良かったみたいだし、完全版DVDも期待できそうです。オージーさん。『ちょっと待って、神様』のスピリッツは受け継がれていましたね。ラストの桜子の笑顔の美しさとともに感動が甦ってるようなあたたかく優しいドラマだったと思います。オージーさんもほんとうにありがとう!おひさしぶりにお元気そうなオージーさんを拝見できて楽しかったです。
Posted by 秋日子&桜子ありがとう! at 2006年10月02日 17:35
秋日子&桜子ありがとう! さん、
ありがとう!

思わずさけんでしまいました。
『ちょっと待って、神様』のスピリッツ。
きっちり受け継がれてましたね。
ちょいちょい笑いを入れといて、最後にドーンと落とす。
みたいなね。心地良かったです。
「ちょっと待って!」と誰かが言うたびにビクっと
反応していた人って、きっと私だけではない気がします。
脚本家の浅野妙子さんには、安心して次回作で遊んで
頂きたいですね。期待しています。
『もうちょっと待って、神様』

完全版DVD、ぜひぜひです。
最初の第一週とか二週目を見ると、懐かしいーと
思うんでしょうね。一貫して「埴生の宿」には
泣かされるのでしょうけど。
『純情きらり』公式HPでスペシャル番組のお知らせが
ありました。
>12月に「純情きらり」を振り返る、スペシャル番組を放送する予定です。
http://www3.nhk.or.jp/asadora/kirari/info.html
この番組を見て、もう一度キュンキュンする予定です。

最後に一言いいですか。
こんな日記でしたが、いままで見て下さって
ありがとうございました。
Posted by ozy- at 2006年10月03日 00:18
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです