2011年12月23日

思い出のカケラ

高校の放送部時代、
記憶に残っているのは
ビデオカメラよりも、収録マイクよりも、
放課後のティータイムでした。私も。





けいおん!
#脚本:吉田玲子/監督:山田尚子.
■2012年12月24日(月)23:50よりTBSでTV上映start.



放送部といえば、私、一年生の時から部長だったんですよね。
当時、三年生の先輩8名と一年生は私1名という9名体制でした。
三年生が10月の文化祭で引退した後、半年ほど部員は私1名。
自動的に私は部長になっていた、というわけです。


ただ、先輩達は卒業するまでほぼ毎日遊びに来てくれました。
ドラマの話や大学進学の話、恋愛トークだったり、
卒業旅行の話だったり、先輩たちと一緒に過ごす時間が
楽しければ楽しいほど
「3月になったら、いなくなっちゃうんだよなぁ」
という思いがフッとよぎっては、胸をチクっといためていました。



そういう経験があるもんですから、この映画版を観ている間
心の底から、あずにゃん(竹達彩奈)視点でいられました。


劇中で、卒業式の日になり、
“学校の屋上で走りながら何か叫んじゃう”と
涙が出てくるスイッチを持っている私は、それ以降
最後までもうずっとダメでした。


私が、先輩たちにとっての“天使”だったかはわかりませんが、
私にとって、あの時間は間違いなく“宝物”です。今でも。



---
backCINEMAnext
posted by ozy- at 23:34 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 【CINEMA】
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです