2006年08月27日

明日への扉

有森磯(室井滋)
「あの子(荒川優)、さっきね。あたしのこと、なんべんも
 母さんって呼んでくれた。…
 その度に背筋がぞくっとするほど、嬉しかったわ」

嬉しかった。嬉しかったよ。うんうん。
泣いていいですか。そうですか。
聞く前にもう泣いてましたか。そうですか。



杉笛子(寺島しのぶ)
「あんた、何となく元気ないね」

こうして二人、ベンチで語り合っていたり、


有森桜子(宮崎あおい)
「杏姉ちゃん、明るいね。何だかいきいきしとる」

杏姉ちゃんがハニかんじゃったり、


有森杏子(井川遥)
「桜ちゃんはこれからだよ」

励まし合ったりして、
私には彼らが世界中をピンク色のワゴン車で旅をしている
メンバーのように少しだけ思えました。


純情きらり』 第21週 「生きる歓び」


トーゴ(西島秀俊)
「わかってやれ、笛子。杏ちゃんには杏ちゃんの道があるで」
さくらこ
「私は杏姉ちゃんの気持ちがわかる気がする。…私は応援する。
 何にもできんけど、がんばりんよ東京で」


モモ姉はここでリタイアですか。
でも、モモ姉らしい決断でしたね。私も応援しとる。



ヤス(相島一之)
「ひと足お先に岡崎に発ちます。杏子さんが来られるその日まで、
 皆様の健康と安全はこの俺が責任を持ってお守り致しますんで
 安心してください。ハイッ」


ヤスが岡崎行きのチケットをモモ姉に手渡す。
告白がOKならキスして帰国。
NOならチケットを返すのが『純情きらり』の掟。


モモ姉
「ありがとう。いつ帰れるかわからんけど」


こうしてヤスは15週に渡る『純情きらり』モモ姉の旅に幕を閉じ
岡崎へ向かった。モモ姉への想いを胸に…。


#「あいのり」318“爆発”より抜粋.



---
back純情きらりnext

posted by ozy- at 23:32 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2006年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです