2011年09月18日

明日へ

深見洋貴(瑛太)
「最近、他に何か フミました?」
遠山双葉(満島ひかり)
「フミ系はそんなとこですね」

こんなやりとりも今日でおしまいなんですよね。
寂しいです。



洋貴
「ホント言うと。
 最近、遠山さんのこととか考えてました」

核心、来たよこれ。


洋貴
「未来的には、大切なもので。
 守りたいもので」

So,you don't have to worry.
ですよ。


洋貴
「希望って、誰かに会いたく
 なることなんじゃないかなって」

双葉さん、もう涙目です。


洋貴
「ずっと一緒にいられたらいいなって思って。
 遠山さんと一緒にいられたらなって」

嬉しい。今、すごく。


洋貴
「どんな昨日とかじゃなくて。
 どんな明日を見てるかで、
 話ができたらなあって」

ダメだ。書いてて涙が出てきた。



それでも、生きてゆく』 最終話



洋貴
「晴れて良かったですねぇ」
それ二回目ですよ。

双葉
「はい」
いいんです。楽しいんです。



双葉
「深見さんに会いに行ったこと。
 何回も後悔したんだけど。
 でも、会いに行ってよかったです」
洋貴
「そうっすか」

深見さん、最高の笑顔です。



双葉
「横っ腹に牛のツノですよ」
洋貴
「持ち上げられちゃいますか?」
双葉
「持ち上げて、コウですよ」

アクション付きでありがとうございます。


洋貴
「どうですか?」
アンコール頂きました。
双葉
「コウ」
まんざらでもないようです。



双葉
「ホント言うと、
 ずっとこうして欲しかったです」
洋貴
「はい」
双葉
「ホント言うと、
 私的にだいぶ嬉しいことです」
洋貴
「はい」

良かった。良かったよ。




全話、こうして日記を書くのって
何年ぶりだろうと思って調べてみました。
アニメでいえば2005年の『ハチミツとクローバー』、
ドラマだと 日記を始めた2003年の『すいか』以来でした。


共通して言えることは
毎週見終わった後、日記を書かずには
いられなかったということ。
それから、日記を書いていた間、
楽しかったということです。


もうひとつありました。
何年経っても、変わらず ずっと
好きだってことです。



---
backそれでも、生きてゆく

posted by ozy- at 22:44 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2011年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです