2006年08月13日

Believe In

松井達彦(福士誠治)の直筆
良い味噌を仕込むには
見守ること。待つこと。
そして待つこと。

信じるということもきっと同じなんでしょうね。
何かを貫くということ。芯を持つこと。
根をはるということ。


帰ってくると信じて待つ。
家族の願いは、どんな時代でもどんな国でも
同じだと私は思うのです。



有森桜子(宮崎あおい)
「おかみさん(戸田恵子)と一緒におれば、
 達彦さんはまだ そこに生きとる。
 私がおかみさんとおりたいのは、
 自分のためなのかもしれんね」


同じ思いでいる人と一緒にいることが、
どれほど心強いか。


純情きらり』 第19週「ショパンよ母に届け」


桜子
「おかあさん」


駄目ですね。
今週は泣くまい泣くまいとふんばってきましたが、
土曜日の最後の最後、たったひと言で、
ちーっと、つーっとしてしまいました。



---
back純情きらりnext
posted by ozy- at 21:52 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2006年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです