2011年08月21日

靴と靴下

遠山双葉(満島ひかり)
「いつか、洋貴(瑛太)さんと
 心から笑える日が 来たらなって
 思ってます…」

野本響子(大竹しのぶ)
「いいのよ。
 幸せになりたいって
 思っていいのよ」


母の言葉です。
とても温かな。



それでも、生きてゆく』 第7話



響子
「二人で考えるの。
 お互いの幸せを」


この母から出てくる
幸せ、という言葉。
ズシンと来ました。



響子
「洋貴は、あなたが幸せになる方法を。
 あなたは、洋貴が幸せになる方法を」


目の前の相手を幸せにするということ。
結局それが自分が幸せになる、一番の方法なのだと
思います。私も。



---
backそれでも、生きてゆくnext

posted by ozy- at 22:33 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2011年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです