2006年07月31日

そこにはでっかい愛がある

有森杏子(井川遥)
「ヤスジさん、この人(秋山/半海一晃)の面倒みてあげて」
花岡ヤスジ(相島一之)
「はいっ」

ヤッさん、変わり身早っ。
杏姉ちゃんは偉大ですね。


杉冬吾(西島秀俊)
「いろーんなこと、毎日教わってるんだ。
 毎日がおもしれぇんだ」

前向きですね。今流行りのCMで言うと、
坂井真紀さんの「前向きー」ですよ。
#SUNTORY『ビックル』より(1993年)


有森桜子(宮崎あおい)
「人が歌ったり絵を描いたりするのは、何かのためじゃない
 と思う。そうしたいから。歌ったり絵を描いたりしとる間は
 希望を感じてられるから」


純情きらり』 第17週 「希望は捨てません」


杏子
「夫婦ってね、いっこいっこ形が違うものなの。
 ちょっといびつでも、それでうまくやっていけるのが
 夫婦なの」

私だけでしょうか。
杏姉ちゃんに後光がさしているように見えました。


杏子
「私は、無理しすぎて、壊れちゃったけどね」

アイタタタ。
でも、そこから杏姉ちゃんは変わっていきましたよね。


杉笛子(寺島しのぶ)
「もういっぺん言ってみー」

両手で冬吾さんの頭ゴリゴリーって。
そこに愛があるね。


西園寺公麿(長谷川初範)
「桜子君、一緒に弾きましょう」

いい顔してる。やっぱり桜子はピアノを弾いている姿が
一番輝いています。これが達彦(福士誠治)が惚れた横顔ですよ。


杏子
「もう誰とも付き合ったり、一緒になったりする気はないから」

ヤスジしょっく。



その時、桜子は下でピアノを弾いていました。
目が見えなくても耳がある。音がある。
亨に聞こえるように、亨に届くように弾いていました。


杉加寿子(櫻井詩月)
「♪はにゅーうのーやどーは」

このタイミングで「埴生の宿」を歌うんだもんなぁ。
ああ、みんな合わせて歌い出しちゃった。
もう まいっちゃうよ。
またしても涙の土曜だよ。



---
back純情きらりnext
posted by ozy- at 00:51 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2006年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


純情きらり 桜子再び音楽の道? 
Excerpt: 純情きらり 前回の土曜日の回を見落としてしまって、ちょっと落胆なぴかりんです。 あの、怒った笛子と冬吾はどう収まったのでしょうね〜。 今日の回はそんなことがあったとは思えないような、雰囲気でし..
Weblog: ぴかりんのちょいハピblog
Tracked: 2006-07-31 16:29