2006年07月23日

確かに母

有森杏子(井川遥)の手紙
“桜ちゃん(宮崎あおい)、お元気ですか?
 早いもので東京に住まいを移してから2年が過ぎました”

杏姉ちゃんの手紙ナレーションフリークとしては、
もう待ってましたですね。


“帝大生となった勇太郎(松澤傑)も、日々 物理の勉強に
 追われながら、元気に暮らしています”

有森勇太郎祝帝大合格.jpg


有森桜子
「笛姉ちゃん(寺島しのぶ)、あたし杏姉ちゃんがやるの
 見たことあるから、だいたいのことはわかる。大丈夫」

そんなに真剣な目でみつめられても、だいたいはだいたいだから。


純情きらり』 第16週 「磯おばさんの秘密」


有森磯(室井滋)の手紙
“どうぞお召し上がり下さいませ。
 貴方様をお慕いする女学生より”

ごめんなさい。最後の方がよく聞き取れませんでした。



鮎川周助(中山仁)
「まだまだだな。あと三年は 本気で精進しなけりゃ、
 モノになるかならんかわからんよ」

愛情いっぱいの「まだまだ」でしたね。


鮎川和之(荒川優)
「よくやったなって。
 よくやったなって、言ってくれたんです」

言ったんだ。言ってしまったんでしょうね。
気づいたら、口から出ていた。そんな、ふっとした
「よくやったな」だったんでしょうね。


和之
「でもここまでこぎ着けたのは、僕はおばさんのお陰だと
 思ってるんだ」

なんだろうな。土曜日になると目が赤くなってますわ。


和之
「また芋の煮っころがし、作りに来てくれるかな」

あぁ。あんた今、息子だった。息子の顔してたよ。



---
back純情きらりnext

posted by ozy- at 22:29 | 東京 🌁 | aada coda iu(0) | track back(0) | 2006年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです