2006年06月25日

風船 空を舞う

有森マサ(竹下景子)の語り
“一年間、自分を支えてくれた家族や達彦(福士誠治)の
応援を胸に、桜子(宮崎あおい)はピアノに向かいました”

私、一足お先に泣かせて頂きました。


杉冬吾(西島秀俊)
「桜ちゃんか。泣いてるのか?」

泣いております。私、月曜日の朝から泣かせ頂いとります。



有森勇太郎(松澤傑)
「ま、軽いもんだよ〜」


勇太郎合格.jpg


純情きらり』 第12週「絆が試されるとき」


有森笛子(寺島しのぶ)
「お姉ちゃんね、あの人には好きなだけ絵を描いてもらいたい」

ありがとう。ありがとう、笛姉ちゃん。
冬吾さんは幸せ者です。



松井かね(戸田恵子)
「杏子さん(井川遥)っちゅうのは確か名古屋にお嫁に行って
 半年も経たずに出戻ってきた娘さんだったわねぇ」

アイタタタタ。自分も今の職場に半年程で戻ってきたばかりなので
かねさんに耳を摘まれたような痛みが走りました。



有森杏子
「もうすぐ入学式だら桜ちゃん。私のことなんて
 気にしんで、早く東京に行きいよ」

無理であります。
そんな涙でにじんだ目で言われたら、余計。



マサの語り
“楽しい時、悲しい時、有森家にはいつも音楽が流れていました。
 そしてその中心に、桜子と 父の残したピアノがあったのです”

桜子の弾く『埴生の宿』からは
父のおもかげが見える。
父を通した、おぼろげな母の姿が見える。
初めてのピアノ発表会が見える。
家族が見える。笑顔が見える。私は泣き崩れる。



桜子
「何もわかっとらんくせに。私がどんな思いでピアノを諦めたか」
達彦
「…わかっとる」

桜ちゃん。達彦は身がよじれるほど、わかってる。



---
back純情きらりnext
posted by ozy- at 23:32 | 東京 🌁 | aada coda iu(2) | track back(1) | 2006年
この記事へのコメント
このたびは、ありがとうございました。
「純情きらり」の名場面が、
このせりふの中から浮かんできます。
毎日、目が離せない展開ですね。
これからも、ヨロシクでーす。
Posted by メルまま at 2006年06月29日 23:13
メルままさん、いらっしゃいませ。
「純情きらり」は毎朝15分間の内容がとにかく濃いですよね。
週末に一週間分のビデオを見返すのですが、もうフラフラです。
ただ、このフラフラ感はどこか幸せで、日記を書いている時も
きっと桜子がピアノを弾いている時のような顔をしていると
思います。
Posted by ozy- at 2006年07月03日 01:29
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


純情きらり あらすじ 第76回
Excerpt: 達彦の真剣な想いと、兵役で失うかもしれない命の短さが オーバーラップして・・・苦しいですね。
Weblog: 純情きらりの原作 津島佑子さん著「火の山−山猿記」の情報
Tracked: 2006-06-29 19:33