2006年05月29日

センチメンタル交差点

松井かね(戸田恵子)
「おぉや、誰かと思ったら達彦(福士誠治)」
父さん(村田雄浩)の振りかえるスピード、マッハです。


かね
「え、父さん? あの人は今仕事中」
かねのすぐ後ろにいる父さんのリアクション、おもしろ過ぎます。



小野寺ハツ美(たくませいこ)
「はぁ」
出たよ。乙女吐息。


ハツ美
「そろそろこう、距離をグーッと縮められへんかなぁ」
悩むわけですよ。乙女としては。


ハツ美
「私そこで達彦さんとランデブーでけへんかな?」
ラ、ラ、ランデブー!?


ハツ美
「イヤや、何言うてんの。そんなあからさまなこと
 できるわけないやん」
複雑なのよ。乙女心は。


純情きらり』 第8週「初めての連弾」


ハツ美
「あのー、私ね。ドイツ語でちょっとわからない所が
あるんですけど、教えてもらってもいいですかね」
乙女メモその一、
共通の話題を持つこと。わからなければ聞け。


ハツ美
「ホントに。嬉しいなぁ。…桜子ちゃん(宮崎あおい)」
乙女メモその二、
良き友を持て。


ハツ美
「あたし、先帰ってるから。…うーうーうー」
乙女メモその三、
去り際はさりげなく。



薫子(松本まりか)
「そんなこと言わずにおいでよ。明日の午前10時だよ。
いいね?」
桜子の曇る横顔、感情を顔に出すまいとしている達彦。
このワンカット。まさにセンチメンタル交差点。



母・マサ(竹下景子)
“好きなことはやめられない。ジャズを弾きながら
 いつしか桜子に力がわいてきました”

やめられないから好きなのかなぁと気づかされることって
ありますね。この日記とかそうかもしれません。



ハツ美
「アツい、アツい、アツいなぁ。桜子ちゃん、
 ところてん買ってきた。食べる?」
乙女メモその四、
恋はたいがいタイミング。



西園寺公麿(長谷川初範)
「たとえば、ワルツ。ターンタータターン…そしてタンゴ。
 タラタタラタラタンタン…そして、ルンバッ」
あー、先生のルンバ。見たかったなぁ。
それにしても、うつわのデカイお人です。



最後にひとつ、付け加えておきましょう。
わかっている方にはおわかりかもしれませんね。
今日は白いシルクハットを被ってお送りしました。



---
back純情きらりnext
posted by ozy- at 01:13 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2006年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです