2011年01月22日

僕らの少年期

今年春のドラえもん劇場版は
あの鉄人兵団のリメイクだそうです。



ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜



私が知っている鉄人兵団は1986年放映の、
藤子・F・不二雄さんが脚本を書かれていた方です。




わかりやすく説明すると、
【プロゴルファー猿 スーパーGOLFワールドへの挑戦!!】
と同時上映していた方の鉄人兵団です。



当時、少年野球の練習が嫌でしかたがなかった9歳の私。
レンタルビデオ屋さんで借りたVHSで【のび太と鉄人兵団】
を初めて見ました


最初から最後まで完全にもう頭の中で再生できるくらい
覚えていたので、土日の野球練習のノックを待っている間、
頭の中をドラえもんでいっぱいにして野球の練習を何とか
乗り切っていました。


鉄人兵団が地球へやって来る時のあの恐怖、
しずかちゃんとリルルのクライマックスシーン。


いまだにあのシーンを観たら号泣する準備はできてます。



鉄人兵団と、そのひとつ前の【のび太の宇宙小戦争】
#【宇宙小戦争】の読みは“リトルスターウォーズ”
#豊崎愛生さん曰く「センスはんぱない」


この二作品が頭にこびりついている限り、私の少年期は
終わらないのかもしれません。



問題は、ちびっ子いっぱいの劇場へどんな顔をしながら
入っていけば良いのか。そして、ちびっ子に負けないくらい
目を真っ赤にした33歳が誰の目にも触れずに劇場を出て行く
方法はないものか。

今年の春は問題山積みです。



#観ました(3.14)



---
doraeiganext
backCINEMAnext


posted by ozy- at 21:14 | 大阪 ☀ | aada coda iu(2) | track back(1) | 【CINEMA】
この記事へのコメント
ちびっ子映画だと、レイトショーとかはないのでしょうね、当然。。。。
ちびっこが居ない時間帯(早朝とか夜遅い時間とか)に行けたらいくとか、平日の昼間に有給を取って行くとかどうでしょーか。
Posted by それいゆ at 2011年01月22日 23:00
それいゆさん、こんにちは。
早速のアドバイス、ありがとうございます。

なるほど。平日の昼間という手がありますね。
映画公開も小学校がまだ春休みに入る前の3月5日(土)公開ですし。
大人の特権“夜勤明け”を利用すれば、こっちは映画を観る前から
充血して目が真っ赤ですし。これはイケます。


ただ、あえてちびっ子ばっかりの土日に行きたいという気持ちも
あります。
映画って、劇場で一緒に観にいく友達とか周りのお客さんの
リアクションも含めて楽しみなので、ちびっ子と一緒に「キャー」
とか「いけー! ミクロスー」とか「ディドゥドゥー」とか。
#3つ目はリルル.泣きながらなのでこんな声.
劇場を出る頃にはもう、俺たちみんな同士みたいな一体感が
ある気がするんですよね。
そこがドラえもん映画の引力だと思います。
Posted by ozy- at 2011年01月23日 10:48
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


あのマフラーを忘れない
Excerpt: 【ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たち】/わたしが不思議
Weblog: 僕らのドラマ
Tracked: 2011-03-14 22:26