2006年05月21日

今はまだ遠いラブソング

有森勇太郎(松澤傑)
「俺、実は桜姉ちゃん(宮崎あおい)に手紙書いたんだ」

手紙はカラーのイラスト入りです。
#桜子が小さく震えている横で鬼のような笛子(寺島しのぶ)

末っ子長男のささやかな抵抗でした。


神様、どうかこの日記がうちの姉達に見つかりませんように。



父・源一郎(三浦友和)
「お母さん(竹下景子)と一緒に暮らし始めた頃は本当に貧乏でな。
 お腹が空くとよくこの曲を掛けて、二人で踊ったものだ。
 そうすると何となく、明日も頑張ろうっていう気持ちになった」

実はうちもそんな感じでしてね、
ozy-父と母がレコードを掛けてよく踊ってました。なんていうか、
有森家がどんどん他人事とは思えなくなってきています。
ozy-父・母はこのシーンをどんな気持ちで見ていたのでしょうか。
朝ご飯を食べながら見ていることは何となくわかっているのですが。


純情きらり』 第7週 「貧乏なんか怖くない」


小野寺ハツ美(たくませいこ)
「はっ。もしかして私に会いに来てくれたんですか」
きたきた。
胸キュンアンテナにピピッっと来ましたよ。
乙女電波がっちりキャッチです。
今後、彼女の言動は細かく見ていくことにしましょう。



桜子
「先生、どうですか?」

西園寺公麿(長谷川初範)
「いい天気ですねぇ」

スカシ・ビューティホゥ。



ハツ美
「仲悪いんですね」
ものすごぉく笑顔です。
乙女心が顔に出てますよ。



---
back純情きらりnext
posted by ozy- at 19:55 | 東京 ☀ | aada coda iu(2) | track back(0) | 2006年
この記事へのコメント
は・・はじめまして・・!
コメント初めてできんしょーします・・っ!
Posted by ☆aine☆ at 2006年05月22日 09:09
☆aine☆さん、はじめまして。
知らない人のページにコメントを書く時はきんちょーしますよね。
まぁここは、あんまり考えずに話しているところですので、
気楽にいきましょ。
Posted by ozy- at 2006年05月23日 23:53
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです