2010年12月11日

また会おうね

中尾順(細田よしひこ)
「だああ。だから俺の部屋だっつううの」

中尾ごめん。もう嬉しくてしかたないんだ。


影山聡(賀来賢人)
「俺たちさ。
 まず自分のこと信じることから始めようか」
河合恵美子(高畑充希)
「うん。まず、とりあえず だよね」

何かを始めようとする自分自身を応援する、
くらいの気持ちでいいと思う。


山本民子(蓮佛美沙子)
「赤い髪のまま、
 みんなに見せびらかすように、
 久保君(池松壮亮)と歩くんだ」

治ると信じている人がいる。
待っててくれる人がいる。
入院患者にとって、何よりの言葉です。


岸本路郎(小野武彦)
「がんばっちゃおうかな、俺」

校長先生、よろしくお願いします。



深井平太(佐藤健)
「じゃあさ。
 母ちゃん(西田尚美)のこと愛するように、
 世界を愛する?」
深井武広(光石研)
「っていうか、それもうしてるかも。
 母ちゃんを愛するがごとく
 世界も愛しちゃってるんだよ。俺的には」

わぁ。私と同じ考えの人がいた。



Q10(前田敦子)
「パフゥ」
中尾
「しかと受け取りましたあぁ!」

もう彼にも会えないかと思うと、
急にさびしくなってきました。



Q10(キュート)』 最終話



富士野月子(福田麻由子)
「そっか。
 永遠って、自分でつくれるんだ」

この一瞬も、誰かの永遠になるのかも
しれないんですよね。



平太
「…俺のことを
 絶対治るって信じてくれたから
 俺はこうしてここにいれるんだと思います」

その気持ちを言葉にできる。
その思いに家族が拍手する。
この家族がいつまでも幸せでありますように。



“「愛も勇気も平和も、
  この地球上にあると思えば
  きっとあるのよ」”

3つとも見えないもの。
見えないってことは、ゼロからつくれるってこと。


“いつか目の前に お前が信じたものが
 カタチをもって現れる ”

つくるのは僕らだ。



---
backQ10

posted by ozy- at 23:56 | 大阪 ☁ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2010年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


12月11日(土)号
Excerpt: 読売テレビ[Q10(キュート)]最終回
Weblog: 僕らのテレビジョン
Tracked: 2010-12-12 00:32