2010年10月16日

オレタチノマチ

その世界に連れて行ってくれること。
その世界に住んでみたいと想像させてくれること。
木皿さんの描く作品には、そんなチカラがあると思います。



Q10(前田敦子)
「リセットボタン、押しますか?」

彼らは、この世界に、今の日本に、
いつも語りかけているようです。



Q10(キュート)』 第1話
#脚本:木皿 泉



久保武彦(池松壮亮)
「俺が死んでも、この街はずっと続いてほしい」
深井平太(佐藤健)
「今、俺も そう思った」

とんでもない世界が広がっていきそうですね。


Q10
「“世界”が、生まれました」

台風が過ぎ去った後の、青い空を見た時のようです。



---
Q10next

posted by ozy- at 23:03 | 大阪 ☁ | aada coda iu(4) | track back(2) | 2010年
この記事へのコメント
ozy-さん、こんばんは。
薬師丸ひろ子(柳栗子)、あの顔が出てくるだけで存在感ありますね。

しげさん(白石加代子)「ちっちゃいねー」
『うん、確かに田中は小さい!』と思った。

続いて「藤岡くん、元気かな?とあんたが好きでつぶやいたらどーよ。」
母親の知恵ですね。そのあとの言葉も説得力ありました。
翌日、訪(田中裕二)が学校で言うとおりにするのは、みんなわかったと思いますが、聞くまでは安心できませんでした。
なかなかいいドラマと感じましたよ。
来週も楽しみです。

Posted by ろめお at 2010年10月17日 18:07
ろめおさん、こんばんは。
小川先生(田中裕二)、しげさん(白石加代子)親子は
印象に残りますよね。

木皿さんの描く日常シーンは以前から大好きで、
何気ない会話に「もうそれ以上言わないでっ」ていうくらい
心に響いて、時々泣いてます。
小川親子とQ10は一緒に暮らしていることもあって、小川家の
お茶の間シーンは意外なところで物語に影響しているようですね。
食事中にテレビから流れていたTVドラマのセリフ
「それが人間ってもんだぜ」
があんな話しの展開に結びつくとは。恐れ入りました。

『すいか』以来の木皿泉オリジナルTVドラマ。
もう楽しみを通り越して、嬉しくてしかたありません。
Posted by ozy- at 2010年10月18日 22:50
小川親子のシーンも今後楽しみです。

藤丘誠(柄本時生)くん、どっかで見たけど・・・思い出せなかったんです。
「ゲゲゲの女房」水木先生のアシスタント・点の菅ちゃんでした。
思い出して、スッキリ!
ビンボー・藤丘の今後の絡みも楽しみです。
Posted by ろめお at 2010年10月19日 21:43
ろめおさん、こんばんは。
学校に居場所を求める藤丘誠(柄本時生)くんのような人もいれば、
富士野月子(福田麻由子)さんのような、学校に来たくても来られない
生徒もいて。それぞれの思いが入り混じったあの特殊な場所に何年も
通っていたんだよなぁと、『Q10』を見ながらふと思いました。

今回、おっと思ったのが河合恵美子役の高畑充希さん。
前作の木皿泉脚本ドラマ『セクシーボイスアンドロボ』の主題歌
「ひとつだけ」を歌われていた“みつき”さんでした。ドラマって
こうして繋がっていくんですね。第3話の予告を見ると、彼女の
歌声が披露されるようで。楽しみは増すばかりです。
Posted by ozy- at 2010年10月24日 21:21
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


10月16日(土)号
Excerpt: 読売テレビ[Q10(キュート)]
Weblog: 僕らのテレビジョン
Tracked: 2010-10-16 23:13

セカイが生まれた場所へ
Excerpt: “Liner noise”開設七周年記念日記 part2/ ozy-、荒川の鉄塔に立つ
Weblog: ああだこうだ言うスペシャル
Tracked: 2010-12-30 23:26