2010年09月08日

時は動きだす

円山博(内野聖陽)
「たぶん何回フラれても、何回過去に戻れても、
 やっぱり好きになっちゃうんだろうなぁ、きっと」
小野沢里花(上戸彩)
「ごめんなさい。私、…」

うん。なんだろう。
告白しながら泣いてしまうのって、
なんか、すごくいいですよね。
とても。


里花
「絶対不幸にしないから。
 必ず、幸せになれる」

そこにね、挿入歌の Crystal Kay『Time of Love』が
バチーッとはまるわけですよ。

往年のドラマを見ているような、見ているこちらも
ファーっと幸せな気持ちに持っていかれました。



10年先も君に恋して』 第二回 「運命の恋なんて」
#作:大森美香/音楽:河野伸.



未来刑事(内野聖陽)
「実はこの間の未来の話。ひとつだけ嘘がある。
 スカイツリーは完成した。…」
里花
「そう。よかった」

やっぱり大森美香さんには、現実からスコーンと飛び出した
ファンタジードラマをこれからも見せて頂きたいです。



“10年先も「恋」してますか?”

最後のこのメッセージに、なんだかいつも
グッときています。



---
10年先も君に恋してnext
posted by ozy- at 21:49 | 大阪 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2010年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです