2006年04月01日

太陽を追いかけて

#今夜はメモ帳に書いたことをそのまま写してお送りします.


夜勤明けである。納期資料を寝ずに仕上げた。
そのまま新幹線に飛び乗り、たどり着いたは新大阪。
初めての大阪。初めまして関西。
興奮するなという方が無理である。


ひと仕事を終えた。時間は昼。
このまま帰るわけがないのである。


今、私にはひとつ浮かんでいる。
太陽。
白夜行』で亮司(山田孝之)と雪穂(綾瀬はるか)が
追い求めていた太陽。
その象徴。そびえ立つ太陽。
あれはそう、万博公園。


〜「僕らの音楽」 放送100回記念ライブメモ帳スペシャル 〜


マイピッチ(WX310SA)で大阪駅から行く方法を調べた。
大阪・梅田駅から阪急京都本線に乗る。
急行で3つ目の南茨木に行き、そこから大阪モノレールに
乗れば万博記念公園だ。
50分後には万博。私の万博が今始まるのだ。


降りる駅を間違えた。
南茨木のひとつ手前、淡路駅で降りてしまった。
待て待て、まぁ落ち着け。
次に来る電車に乗ればいい話ではないか。
大丈夫。私の太陽はきっと待っている。


今の仕事に就いてから出張に行くようになったが、
やはりその土地ならではのものに目がいく。
電車の広告、街の看板。初めて見るものばかりだ。
嬉しくなる。
そして、やはり言葉。車内や街中で聞こえる言葉の文化。
ずっとずっと聞いていたい。


「次は北千里駅。北千里駅、終点でございます」

完全に乗る路線を間違えた。
こんなメモを電車に乗りながら書いているからなのか。
終点の北千里駅に降りて、路線図を確認する。
山田駅からモノレールに乗り換えられることを知る。
ここからひと駅戻るだけではないか。
やったぜ山田。山田…。山田?
太陽を追い求めたあの亮ちゃんこと山田孝之君も山田。
これは偶然だろうか。


山田駅で降りた。確かにモノレールの駅がある。
今度はしっかり乗る前にモノレールの路線図をチェックだ。
“万博記念公園駅”
山田駅の隣だった。
なんだこれは。私は導かれているのか。
太陽を追い求めた亮ちゃんに、太陽の神
アポロンにいざなわれているのか。
「こっち来いや」
それは笹垣(武田鉄矢)さん最終回のセリフだ。
確実にうかれている。


モノレールの運賃に目をやる。
“大人200円/一駅”
歩こう。
突然、歩きたくなった。
もちろん健康のためである。
それ以外の理由は何ひとつないのだ。
山田駅周辺地図を見ると万博公園が載っていた。
公園入り口までここから約1キロか。
天気は晴れ。風が心地良い。
そして昨日からほとんど寝ていない。
健康のためである。


歩き始めている。そして書いている。
歩きながら書いている。
モノレールのレールの下を。男一匹。
メモを書きながら歩いている。
なかなかお目に掛かれない光景かもしれない。
もしかしたらモノレールの窓から写メールで
撮られている可能性もある。
私は万博の新しいアトラクションではない。
ただ考え方を変えれば、もうこれは私自身
すでに万博と一体化しつつあるということか。
なにせ今の私には太陽神アポロンがついてる。


そうこうしているうちに、見たことのある
塔の頭が見えてきた。なんだあれは。
あんなにでかいのか。あれはあれか。
鎌倉の大船観音寺か。
近づくにつれ、その大きさがじりじり伝わってくる。


万博公園に入った。いきなりドンとそれは登場した。
ど真ん中だ。一瞬のブレもなくそれはそびえ立っていた。天高く。

塔の斜め左のベンチに座らせてもらった。
塔上部の金ピカの顔から何か出ている。あれはあれか。
ドカベンの岩鬼がくわえているハッパか。
この塔とドカベンの岩鬼はどちらが早いのだろう。
あぁ、飛んでほしい。宇宙の彼方まで飛び立ってほしい。
そして宇宙のどこかにいるであろう未確認生物に見つけてほしい。
その時、未確認生物達はこの塔が空から飛んできて、一体
どう思うのだろうか。私は期待する。
「何だかわからないけど、バクハツしてるな」
「ああ、バクハツしてる」
そんな未確認生物達の会話がこのすみわたる青空の彼方から
聞こえてくる。
そろそろ私はダメなのかもしれない。


〜 &「僕らのドラマ」そろそろ1周年記念旅行 〜


帰りのモノレールに乗っている。
右の景色も左の景色も両側見たいので、空いている車両に
ひとり立っている。そしてメモしている。モノレールメモだ。


初めて載る電車。初めて見る景色。
車窓を眺めていると、あたりまえだがそこには人が住んでいる。
生活している。出会ったことのない人達がそこで暮らしている。
車窓は次々と移り変わる。
まるで出会いと別れを繰り返しているように。
そういえば今日は3月31日。日本で最も別れの多い日ではないか。
あの学校やあの会社の中で、今この瞬間、別れの挨拶をしている
かもしれない。涙を流している人がいるかもしれない。この瞬間。


車窓から目にしているこの場所は、私にとってはほんの一瞬で
過ぎ去っていく景色かもしれないが、そのひとつひとつは
まぎれもなく誰かの生まれ育った場所であり、帰ってくる
土地であり懐かしいふるさとの風景なのだ。少しだけ、
こみあげてくる感情が生まれた。


別れの多い日ということは、明日が一番出会いの多いでもあるのだ。
今あるさびしい想い、不安な気持ちは新しい出会いによって少しづつ
雪解けていくだろう。やがてはその出会いがまたかけがえのない
ものになるだろう。こうして春は始まっていくのか。

ここにも、こうして初めて来て下さった方がいる。
そして、この長い長いメモ書きを最後まで読んで下さったあなたに、
感謝しています。あなたがいるから、ここにこうして私はいられます。


できるところから一歩づつ積み重ねていきましょう。お互い。


                  2006年3月31日
                       ozy-


---
back白夜行

posted by ozy- at 02:43 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2006年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです