2010年06月06日

女の戦い

塩田渉(要潤)
「俺と付き合って下さい」
芳賀稲子(吉瀬美智子)
「どこに?」
塩田
「どこにって…」


ドラマ史上に残るノケゾリから早一週間。
このドラマは最後の最後にビックウェーブが
来るようです。



ハガネの女』 Round3“イケメン優等生が嫌われる理由”
#原作:深谷かほる/脚本:大石哲也.



藤間真理子(清水ミチコ)
「なんか芳賀先生、今日 お化粧濃くない?」
芳賀先生
「全然、いつもと一緒です」

この辺がハガネですね。


藤間先生
「だって目の下にクマが…ってことは新しい恋の予感?」

するどいぜ、藤間先生。


菊田真理衣(吉田里琴)
「塩タン、おはよう。
 英語の問題でわからないトコあるんだけど」
塩田先生
「じゃあ、昼休み。もうすぐ始業のチャイムが鳴るよ」

じっと見つめるハガネ。


塩田先生
「好かれちゃったみたいで。困っちゃいますよね」
芳賀先生
「そうみたいですね」

芳賀先生、顔がゆがんでますよ。
その後ろで嬉しそうな藤間先生。
職員室のシーン、楽しいわ。




外側から見て判断してしまうことと、
子供達のこころの中身は違うってことなんでしょうね。
大人ができることがあるとすれば、
対話。そして態度で示すことなのかもしれません。



---
ハガネの女

posted by ozy- at 18:31 | 大阪 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2010年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです