2010年05月04日

※本当のストーリーは、ウィキペディアで

高瀬リコ(片瀬那奈)
「あの貧乏女、生意気にも恋しやがったな」
運転手(小林大介)
「恋…」
リコ
「あぁ。完璧に恋する乙女の面(ツラ)だ、ありゃ」


久しぶりに見ました。
恋する乙女の面。

このドラマ、いちいちわかりやすいです。



プロゴルファー花』 第4話「いきなりの失恋」
#脚本:福田雄一



醍醐一馬(石黒賢)
「今のお前に最高の対処法を教えてやる」
野宮花(加藤ローサ)
「どんな」
醍醐
「俺に恋しろ!」

出ました。今週のガッツポーズ台詞。
#思わずガッツポーズをしてしまうほどグッと来る醍醐コーチの台詞.
もうね。毎週このコーナーになるとこちらも自然と
醍醐コーチと同じ髪型になってます。




「…いやです」
醍醐
「それは何となく父親の面影があるからか?」

「タイプじゃないからです」
醍醐
「なんだと!」

好きだなぁ。この人。



醍醐
「それはそれとして」

「…それはそれとして」
醍醐
「チカラに変わる恋をしろ」

その後バサっとコーチは去っていきますが、
最後に何となくいいこと言った気がする。



---
backプロゴルファー花next
posted by ozy- at 00:24 | 大阪 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2010年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです