2010年03月21日

星座も越えるから

今年の春、Web日記を始めてから7周年を迎えますが、
その前に10周年を迎えた節目の作品があります。


今からちょうど10年前の2000年3月21日。
ひとつのカセットテープが数少ない友人の元に届きました。
収録された内容は、高校放送部時代の友達と作った
ラジオドラマです。タイトルは『Nostalgia』


それから5年後の2005年。
Web日記をつけていた私は、そのドラマの内容をWeb上で
文章化しました。タイトルは『nostalgy』
#別冊aada(2005/1/17)
http://linernoise.seesaa.net/article/274184954.html


さらに5年後、ラジオドラマを発表してから10周年を迎える
2010年3月21日。ひとつの映画に出会いました。




時をかける少女
#原作:筒井康隆/脚本:菅野友恵/監督:谷口正晃


主題歌はいきものがかりが歌う“ノスタルジア”
この曲自体、8年前に水野良樹さんが作り、デビューする前の
路上ライブで歌っていたそうです。あの小田急線沿線で。


10年前、私達が作ったラジオドラマは小田急線沿線にある
町田市立図書館の録音室をお借りして収録しました。
その時に通っていた大学も、そして放送部の仲間と出会った
高校も小田急線沿線にありました。


同じ時代に小田急線沿線で過ごし、小田急線の窓から同じ桜を
見て育ったいきものがかりと私達は、時を越えて、そう
『時をかける少女』によって“ノスタルジア”という時計の針が
重なった。そんな気がします。勝手に。






映画のオープニング。
制服姿の芳山あかり(仲 里依紗)が、駈けている。
映画のタイトル『時をかける少女』が、静かに映し出される。
いきものがかりが奏でる『時をかける少女』が、重なる。
今、この瞬間に勝る青春要素は思いつかない。



---
back時をかける少女

backCINEMAnext
posted by ozy- at 22:07 | 大阪 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 【CINEMA】
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです