2009年06月21日

うっとうしい幸せ

まっさんの「親父の一番長い日」が流れている。
テレビから。全国のお茶の間に。
ただ、それだけで、涙ぐんでいる人はきっと
私だけではないと思います。


さだまさし 父の日ドラマスペシャル
親父の一番長い日


墨田千晴(長澤まさみ)
「なんかない? あの石頭を説得する いい方法」

この家族会議の感じ、親父がいないところでのこの一体感。
「こんな家族、いいなぁ」と思える、ちょっとあこがれちゃう
家族がいる。そんなホームドラマは無敵です。


墨田栄一郎(國村隼)
「話の途中で携帯に出るようなヤツに結婚なんてできるかあ!」
千晴
「いちいち怒鳴らないでよぉ」

この親父がテーブルをドンと叩くタイミングで、長男(伊藤淳史)の
嫁の尚子さん(中山忍)もお茶碗と湯飲みを持ち上げる習慣がしっかり
身についているようで。もう立派な墨田家の一員ですね。


千晴
「先生が言ってたんだけどさ、生きてるだけですっごい奇跡
 なんだって。健吾(高岡蒼甫)、そうとう運が強いみたい」


私も先日、事故っぽいことを起こしまして前歯を折りましたが(5.24)、
その日病院で手術をしてくれた先生から「君、運がいいねぇ」と
言われました。


現実を見て落ち込むか、前歯だけで済んでラッキーと思うか、
たぶんそんな気持ちひとつで、これから先の人生みたいなもんも
変わってくるのかもしれないなって思いました。


---
親父の一番長い日

posted by ozy- at 23:51 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2009年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです