2006年01月16日

サンデーメガネ

霧山修一朗(オダギリジョー)
「やっぱ、日曜日にメガネ掛けるっていうのはどうもなぁ」

日曜日は日曜日用のメガネでしょ。


三日月しずか(麻生久美子)
「ねぇ、日曜日にメガネを掛けるとイギリス人っぽいの?」

ようするに、ジェントルマンってことですかね。


いいなぁ。このふにゃーんな感じ。
好きな作品って一話目で、もうお気に入りになってるんですね。
一話ボレしました。



時効警察』 第一話
“時効の事件には、おいしいご飯の湯気が似合うと言っても過言では無いのだ”



刑事課の若きエース、十文字さん(豊原功補)
親近感あるわ。まずカタチから入るところ。
刑事といえば、やっぱりトレンチコート。眉間にシワでしょ。
寒い冬の張り込みで白い息を吐く、
“男の張り込み”ですね。


くぉぉ、婚姻届が光っとるわー。
しずかちゃんアイですよ。家に持ち帰ってるしね。
「霧山しずかさーん。はーい」

夢みてるしね。
霧山君も言われたとおり、きっちり折り鶴作ってました。


霧山君
「最初にお断りしておくと、これは私の個人的な趣味でお話を伺いに来ました。
 …、はい、趣味で捜査しています」

言い終わった後、なぜかニンマリです。
趣味ができて嬉しんでしょうね。
熊本課長(岩松了)に言われたことを、素直に受け入れる。
思い立ったら、即実行。霧山君は真面目なんです。
メガネオブザイヤー2006は彼からスタートです。



時効警察next




追伸。


私事ですが、今日(1/15)はお正月以来のお休みでした。
おかげさまでドラマ第一話も一挙に見ましたよ。
気がつけば日記も三連続トークです。
今度またいつこちらに戻れるかわからないのでハリキッてみました。


一月二月はこんなはにゃーんな感じでポチポチいこうと思います。
といったわけで、今年も
“よろしくお願いします”
#ここはもちろん,ハト時計からの垂れ幕で.


posted by ozy- at 00:10 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2006年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです