2009年03月01日

言葉にならない

遅ればせながら拝観しました。
観ないことには前に進めないと思いまして。
この気持ちはたぶん
「『DRAGONBALL EVOLUTION』を観ないことには」
というのと結構似ているかもしれません。





おくりびと
■2014年10月4日(土)18:30よりBS-TBSでテレビ上映start.



納棺の所作シーンであったり、チェロの音色であったり、
ツヤ子(吉行和子)さんのスカーフであったり、
いしぶみであったり。
言葉では交わされていない場面なんですよね。
私が感じたのは。



小林大悟(本木雅弘)
「何を感じた?」
小林美香(広末涼子)
「…内緒」


この内緒の部分を私も秘密にしようと思いましたが、
フタをしめてもしめてもそこからこぼれるほどの
「優しさ」はもう抑えきれませんでした。


言葉ではない「優しさ」、表現としての「優しさ」が
言葉の壁を越えて海外でも評価されたんだろうなぁと
勝手に納得しています。



---
backCINEMAnext




-テレビ放送歴-

2014年夏
8月5日(火)21:00よりBS-TBS
2010年春
4月26日(月)21:00より毎日放送
2009年夏
9月21日(月)21:00よりTBS

posted by ozy- at 23:16 | 東京 ☀ | aada coda iu(2) | track back(1) | 【CINEMA】
この記事へのコメント
姉の大学時代の同期が、おくられてしまいました。癌でした。

ご無沙汰さたさたさたです。姉です。


急な話で。
なんにも言葉が出てこないのに、仲間同士では分かりあえる。

これを経験すると
何かこの映画を深く理解できる気がする。まだ見てないけど。そんな気がする。

またくるね。
姉でした。
Posted by at 2009年09月17日 21:52
姉さん、お久しぶりです。

私たちと同年代の方が亡くなられたんですか。
学生時代に一緒に過ごした時間が、見えない繋がりのようなものを
いつの間にか築き上げていたのかもしれませんね。


今、NHK-BShiのSONGSプレミア「さだまさし」の放送を見ながらこの
コメントを書いています。グレープ時代の歌は、それこそ私たちが
生まれる前に作られた歌ですが、まっさんはいまだに歌い続けて
いますし、私たちもいまだに聴き続けています。これからもずっと
そうなのでしょう。

そうなってくると、ひとつの歌に歌詞の世界だけでなく、聴いている
私たち自身の生活や歴史が、ミルフィーユのようにどんどん重なり
あって、しみこんでくる。ひとつの作品のなかに「時間」が加わる
ことで、いつの間にか自分にとってかけがえのない宝物になっていた。
その作品が、たったひとつの石だとしても。

そんな作品だった気がします。うろおぼえですが。


姉さんがこうしてまた遊びに来てくれて嬉しかったです。
またお会いできる日を楽しみにしております。
Posted by ozy- at 2009年09月18日 22:29
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


4月26日(月)号
Excerpt: 毎日放送 【おくりびと】
Weblog: 僕らのテレビジョン
Tracked: 2010-04-21 00:52