2009年02月08日

カーテンをあけて

ビギナー(志賀廣太郎)
「外をお歩きになる。いいですね。
 私もそういう先輩にあやかりたい」

あなたも、頑張って。


しのぶ(風間杜夫)
「女だと思ったんでしょうか」
シルバーナ(岸部一徳)
「さぁ」

暗い夜道をいいことに。


シルバーナ
「来ましたよ、早くも…警官」
しのぶ
「あらま」

ドキドキ。


しのぶ
「気をゆるすと、すごくミジメになりそうな気がするけど」
シルバーナ
「綺麗ですよ。しのぶさん」

なんて言うか、心がなごみました。


ありふれた奇跡』 第五話


中城加奈(仲間由紀恵)
「(注文したの)コーヒーだけだけど」
ウエイトレス
「店長が、もしよろしければと」

ちょっとした奇跡は、自分からつくろうと思えば
つくれるものかもしれませんね。



藤本誠(陣内孝則)
「死ななきゃ、どうにでもなる。
 …生きててもらいたいね」
加奈
「ええ」

少しずつ、進んでいます。少しずつ、前へ。



加奈
「生きていくしかない」


弱い。人は弱い。
その弱さに気付けて、感じて、その人をゆるせるようになれた人は
とても強い。




---
backありふれた奇跡next
posted by ozy- at 18:02 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2009年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです