2008年12月13日

ただ星が揺れている

柏原康孝(三浦友和)
「よく頑張ったな」


息子はどこかで親に認めてもらいたい。


頑張って生きてきた。
父のため。母のため。
これほどストレートに親のために生きてきた
子供たちはいないだろう。


流星の絆』 第9話


同じ出来事を共有している人がいる。
同じ思いを抱えながらこの十五年間、
一緒に過ごしてきた人がいる。


やってきたこと、誰にも言えなかったことを
初めて人に話した。


ほめてもらえた。
今二人の間に流れているものは、
親と子以外のなにものでもない。


---
back流星の絆

posted by ozy- at 09:32 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2008年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです