2008年10月20日

透き通った壁

秋山佳音(堀北真希)
「私、好きな人ができた」

宇多田ヒカル「Eternally -Drama Mix-」が綺麗に
入ってきました。始まりますよ。
#『ラスト・フレンズ』に引き続き宇多田ヒカルが流れ,
#クライマックスが始まるシステムを個人的に
#「浅野スイッチ」と呼んでいます.


義道神父(内藤剛志)
「大丈夫か?」
桜井美月(香椎由宇)
「大丈夫です。いつかきっと私に振り向きますから」

美月の奥に潜んだ不気味な自信もそうですが、ここで
注目したいのが、それまで笑顔だった義道神父がこの
「大丈夫か?」でトーンが変わったことです。

そして最後の最後。




長崎殉也(北川悠仁)
「ねぇ聖花、どうすれば笑ってくれるのかな?」

佳音
“みんなが、そして明日の私が、幸せでありますように”


ドーンと来ましたね。
この後味です。
もう何もかも通り越して、感謝です。


イノセント・ラヴ 〜今を生きる孤独、喪失と再生の物語』 第1話
#脚本:浅野妙子



ネタバレになっていたらごめんなさい。



もう一度、最初の家が燃え崩れるシーンを見て
「あぁやっぱりな」と思ったことがあったんです。
最初、私はあの火事で佳音と耀司(福士誠治)の母親だけが
亡くなったんだと思ったんです。


でも、見続けているうちに両親が亡くなっていることに
なっている。このひっかかりがあったので、全て見終わった
後にもう一度最初から見てみました。燃え盛る家を前に佳音は
「お母さんは?」と、やはり母親のことしか口にしていません
でした。そして、第一話クライマックスで見せた耀司の変貌ぶり。
どうしても、私は父親のことが気になって今夜は眠れません。




---
イノセントラヴnext



posted by ozy- at 23:42 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2008年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


イノセント・ラヴ
Excerpt: 「イノセント・ラヴ」の第1話が放送されましたね。これで今クールのドラマが出そろっ
Weblog: 裏 TV RANKING SHOW
Tracked: 2008-10-21 06:14