2008年10月09日

ミス・センチメンタル

張琳(タン・ジャースー)
「もし 勝ったら、掃除じゃない仕事も いいですか」

登場シーンからそうでしたが、このまっすぐな感じ、
曇りのない目で見つめられると、胸がしめつけられます。


OLにっぽん』 第1話


楊洋(ローラ・チャン)
「ここっ!(だるま荘)」
矢部桜(美波)
「アンティークですねぇ」

前向きですね。きっといい子です。



張琳
「神崎さん、最初に会った時から、優しい 良い人です…」
神崎島子(観月ありさ)
「それは仕事で…」

まっすぐなだけに、心にすーっと突き刺さります。



島子
「彼女のこと…」
小旗健太(阿部サダヲ)
「あぁ、僕は今、彼女はいません」
島子
「違います」

こっちもせつない。



健太
「あいつらは、本気で生きてますから」


彼女たちは、本気のかたまりだったんですね。
今の自分にないもの。昔は持っていたのに、今は忘れていた
何かに触れて、キュンとしたのでしょう。

ただ島子は、もう戻れないのだと諦めずに、立ち向かった。
真っ正面から。
あの夜に流した涙が、今の彼女の強さになっているんですね。




---
OLにっぽん
posted by ozy- at 00:25 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2008年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです