2008年09月17日

リアル人生

昨日、TBSラジオ「文化系トークラジオ Life」の
方法としての体育会系”('08.7.20放送)を
ポッドキャスティングで聴いた影響ですが、
体育会系と文化系の違いについて考えていました。
それは目的にあるのではないかと。
ドラマを見ていてふと気付きました。


体育会系の目的は“勝つこと”にあると思うのです。
この明確な目標があるから、迷いもなくチームは団結
していくんだと思います。


一方、文化系が追い求めているのは“心地良さ”では
ないでしょうか。
勝ち負けでは計れない、喜びを感じる気持ち。
それを届けたいという思い。


天野絹恵(香里奈)
「ずっと想像してました。…きっとその人は自然と笑顔が
 増えて、いつもよりも胸をはって街を歩けて、きっと
 大好きな誰かと待ち合わせしたくなって、そういう風に
 想像してたらすっごくワクワクして」


体育会系・文化系関係なく言えることもありますよね。
内側からワクワクできるものにめぐり会えた時に、
人は最高の笑顔になるということ。




リアル・クローズ
#原作:槇村さとる/脚本:大島里美


神保美姫(黒木瞳)
「つまらないものを着ていると、つまらない一生になるわよ」


先日まで関東で再放送されていた『1リットルの涙』も同じく
脚本は大島里美さんでしたが、この『リアル・クローズ』でも
生きる歓びについて伝えているんですね。
薄皮一枚の世界かも知れないけど、表面を変えることで、
隠れた内面が輝きはじめることもある。


神保美姫
「自分の目でものを見て、自分の言葉でものを言う。
 簡単なことのようにみえて、それが出来る人間は少ないわ」


その素質を見極めた人に出会えたことも大きいですよね。


ただ、前半のメガネ姿の天野さんも個人的には大変結構です。


---
REAL CLOTHESnext


posted by ozy- at 15:15 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2008年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


リアル・クローズ
Excerpt: ファッション雑誌 正直ファッションセンスありませんwが。。。最近ファッションにつ...
Weblog: ごろう日記
Tracked: 2008-09-19 01:44