2005年12月11日

ダッシュと私

#開場前に書いたメモをそのまま写します.


初めてダッシュの舞台を観たのは2000年1月26日でした。
友達のゆうじ君に「今、ダッシュが熱い」と聴かされ、
下北沢のスズナリで観た『風のピンチヒッター 〜特訓中』が
全ての始まりでした。
完璧にやられました。こっぱみじんこでした。
演劇の舞台自体初めてということもあり、
頭の中にいるラムちゃんから「ダーリンのわからずや!」
と全身電撃ショックを受けたような気分でした。

この舞台で受けた衝動はその年、2000年を駆け抜ける
原動力になりました。
3月、学校を卒業する直前に作ったラジオドラマ
『Nostalgia』はダッシュを観ていなければ
生まれませんでした。
#「nostalgy」(2005年文章バージョン).
2000年夏休み大作戦、
#「金魚
21世紀を締めくくったクリスマスラジオ特番制作と、
#「live!! CHRISTMAS LOVE」(2004年文章バージョン)
何かを作りたい。想いを形にしたい衝動ですよね。
その気持ちはいまだにあって、2003年5月にはこの日記を
始めました。
ドラマ日記だけを集めたページ『僕らのドラマ』を作った時、
左上のタイトルの下にそえた言葉は

“青春ドラマで走りだす”

青春は走る。
そのことを教えてくれたのがダッシュでした。



ランニングシアターダッシュ最終公演2本立て
『風のピンチヒッター 〜再試合〜』
『GLORY DAYS 2005』
東京会場/ザ・ポケット(中野)



#会場入り.開演直前の座席でメモ.


開演前から舞台は始まっている。
暗い会場を包み込む霧に照らされた光と音楽。
舞台に照らされた風景はあの時、初めて観た
『風のピンチヒッター 〜特訓中』と同じ夕焼け空。
舞台上は野球部のグラウンド、両端にはビールケース、
無造作につっこまれた金属バット。
ダッシュが始まる。
大阪府立第三高校野球部にもうすぐ会える。


開場前、ザ・ポケットの裏口辺りで待っていたら、
開場時間ちょうどに、たぶん出演者・スタッフ総出であろう
「おおおおぉー!!」
という掛け声が聞こえた。
ふるえた。胸が熱くなって、私も一緒に「おおぉー」と
何かがこみ上げた。


そういえば、ピロウズの曲を初めて耳にしたのも
『風のピンチヒッター 〜特訓中』でした。
劇中歌で使われる曲が開演前の会場に流れている。
お客さんの期待と緊張を一緒に包みこむ。
一曲一曲終わるたびに緊張感、ドキドキ感が増してくる。
私が持つ唯一の時計・携帯電話(PHS)は会場に入る前から
電源を切っているので開演までの時間がわからない。
わからなくてもいい。いっそ時間が止まってしまえばいい。
それでも時間は流れていく。幕があき、そして
おりていく。
確か開演する前、最後のBGMのボリュームが上がり
会場が暗くなる。そうそう、こんな感じに



---
RUNNING THEATER DASHnext

posted by ozy- at 01:39 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2005年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです