2008年08月03日

Life is なんやかんや

ナレーション(志賀廣太郎)
“普通にやればたった5分で終わる超簡単な事件を正味33分の
放送時間いっぱいまでなんとかもたせる名探偵、その名も
 「33分探偵」鞍馬六郎(堂本剛)”


このドラマの全てを物語ってしまった完璧なナレーションです。
では私も放送終了後33分以内に日記を書き上げます。


33分探偵』 #01
#原案・脚本・演出:福田雄一.


くだらなさ満点です。
33分という時間をいかにうめるか、それが目的であり、
見方によってはほとんどムダなんです。


ただ、これは人生にも言えることではないでしょうか。
生と死の間に流れる大きな時間をいかに過ごすか。
その多くはムダと呼ばれる時間で埋め尽くされている、
私を筆頭に。
ムダはムダでも、そのなかでいかに楽しめるか。
ムダだとわかっているなら、その中で楽しんだもの勝ちです。



大田原警部(高橋克実)
「愛ってなんだよ!」
いちいちカッコイイですよね。



そろそろお時間になってきました。
それでは最後にドラマらしくカッコよく決めてみよう。


“ このドラマ、ツッコんだら負けだ ”




---
33分探偵






追伸。


『33分探偵』を見ている間も、
この日記をカッコよく書き終えた今も、
口のまわりにチョコレートがベッタリです。


久々のヒット商品です。
アイスコーンのキットカット。



posted by ozy- at 00:30 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2008年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです