2005年12月06日

初雪

池内瑞生(陣内孝則)
「♪ながれーるきーせつーのまんなーかでー
 何かお経みたいな歌だな、これな」

前回(第8話)の合唱、やっぱりおやじさんも
ぐっときてたみたいですね。


池内瑞生
「お父さん、一番ノリ!」

プープープー。
#亜也(沢尻エリカ)通話中.

「なにー!!」

おやじさんの悲しみ。おやじさんのカシミアンブルー。
親父として、親父として、ここはこらえて。


麻生芳文(勝野洋)
「今が楽しいからそれでいい。そんな自分勝手な考えでは
 済まないんだ。よく考えなさい」

亜也のおやじさんもおやじさんですけど、
麻生君(錦戸亮)のお父さんも、深くて素敵な方ですね。



1リットルの涙』 第九話 “今を生きる”



及川明日美(大西麻恵)
「こんにちは、おいかわあすみです。麻生くんだよね?」

おっと、あすみんもついて来ましたよ。

「どんな人か会いたくて。亜也ちゃん、いっつも
 麻生くんの話ばっかりするから」

あすみんナイスパスです。期待を裏切りませんね。


麻生君
「クマノミ、ひとつのイソギンチャクに家族で住んでんだ。
 何かお前んちみたいだな。で、このちょこまかしてるのが
 おやじさん」

麻生君も結構おやじさんのこと、嫌いじゃないみたいです。



水野先生(藤木直人)
「話す時に大切なのは“伝えたい”っていうこちら側の
気持ちと、“受けとりたい”っていう相手側の気持ち
なんだ。伝えることをあきらめちゃいけない。
聞く気持ちがある人には必ず伝わるから」

がっつり。がっつり、こちら側もテレビに
しがみついています。
できる限り、受けとりたいから。



麻生君
「今の気持ちなら100%嘘がないって、自信持って言える。
 俺、お前が話すなら、どんなにゆっくりでもちゃんと聴く。
 電話で話せないなら、こうやって直接会いに行く。…
 お前が歩くなら、どんなにゆっくりでも一緒に歩く」

わかりますか。わかりますか。これが愛です。

「俺、お前のこと、…好きなのかも、たぶん」

最後、少しだけ嘘をついちゃいました。
たぶん、ではないですよね。



---
1リットルの涙next


posted by ozy- at 23:08 | 東京 ☀ | aada coda iu(2) | track back(0) | 2005年
この記事へのコメント
はじめまして!

実は少し前からファンでした。
ドラマはあまり見ないのですが、セリフの取り上げ方が上手なのでなんとなくわかるし、ちょっとついているコメントがわかりやすいので。

ずっと気になっていたこのドラマ、昨日はじめて見ました〜。

最後の麻生くんのセリフ、よかったですよね。
ものすごく盛り上がって「好きだ〜〜!」とか絶叫するよりも、こういう告白の方が現実的で(笑)
「・・・かも。」ってなんだよ!とかじりついていたテレビの前で突っ込みましたが。
Posted by タケ子 at 2005年12月07日 10:38
タケ子さん、いらっしゃいませ。
『1リットルの涙』はじめて見ましたか。
そして、かじりつきましたか。

先週(8話)の、学校の階段の前で亜也が
立ちつくしていた時の麻生君の一言
「乗れよ」
もオススメですよ。
ようやくね、その辺りから麻生君が
アクションを起こしてくれまして。
おかげでこちらも突っ走れる体勢に入れました。


今夜、雨にうたれながら帰ってきたのですが、
タケ子さんのコメントを読んで心から温まりました。
Posted by ozy- at 2005年12月08日 00:24
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです