2008年06月20日

友達のままで

水島タケル(瑛太)
「一緒にさ、それを埋めに行こ」


バイクで二人乗り。思い出しますね。
伝説のアーモンド・マカデミアのCMですよ。
#明治製菓「アーモンド・マカデミア(バイク篇)」('05.2.10)
まさに、チョコレートが好きな人は、いい人ですね。


ラスト・フレンズ』 最終回
#脚本:浅野妙子.


タケル
「俺達が来るのを、待ってるかもしれない」

前向きです。
一度、こうだと思ったことに、ひたすら信じてしまうところがある。
ガンコなだけかもしれないけど。


タケル
「女の人を幸せにすることも…」


人のことばかり見てきた。
人を客観的に、人の顔ばかり見ていたような気がする。
幸せにしたいと。ずっと思っていくんだと思う。
気がつけば、自分を追い込んでいた。
そして、自分が幸せになることを忘れていた。


岸本瑠可(上野樹里)
「できるよ。タケルは。
 …それを私が一番よく知ってる」


わかってくれる人がいた。
僕らはその人の前で、素直に涙をながせる。
そして、思いっきり笑えるんだ。
人の顔を気にせず。自分のことを忘れて。
そして、こう思うんだ。


一緒に生きていきたいって。


---
backラストフレンズ


追伸。


タケル
「瑠可、大丈夫か。救急車お願いします」


古くからの浅野さんファンはピンと来たはずです。ピンと。

“入れ替わってたらどうしよう。竜子さん(泉ピン子)と”

#浅野妙子脚本ドラマ『ちょっと待って、神様』より.

posted by ozy- at 00:10 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2008年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


最高でした… ラスト・フレンズ
Excerpt: さようなら錦戸くん 美知留に対する異常な愛は同情できないけど、人としては決して悪い人間ではなかったと思う。 美知留もそれをわかっていたから、何度も彼の元に戻ろうとしたし、子供を産もうと決心した。..
Weblog: カネハトキナリ〜勝手に予想とランキング〜
Tracked: 2008-06-20 00:41