2017年03月31日

僕らの2017年冬

カルテット』 (TBS)
#01 (1/17) いつか イオンモールで
#02 (1/29) あの 雲の彼方へ
#05 (2/15) ありがとう ショコラ


 -再放送-
Q〜こどものための哲学〜(2014年)』 (Eテレ)
冬のソナタ(2003年)』 (BSフジ/新編集版全25話)
北の国から(1981年)』 (フジTV)
新世紀エヴァンゲリオン(1995年)』 (NHK-BSプレミアム/ HDリマスター + 5.1chサラウンド放送)



 -映画-

一週間フレンズ。
(2/25) 「長谷くん、だよね」 ✨


ぼくは明日、昨日のきみとデートする
(1/08) 「また 会えるかな」


 -TV上映画-
のだめカンタービレ 最終楽章 (2009年)】 (BS-TBS)
手紙 (2006年)】 (BS-TBS)
グッモーエビアン!(2012年)】 (BSジャパン)



---
autumn 『ourdorama』
posted by ozy- at 23:51 | 東京 ☔ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年冬
2017年02月25日

「長谷くん、だよね」

昨年末、ひとつの映画主題歌版予告編に出会い、
こんなんやられたらワシまいるわ”として紹介しようと
思っていました。
#ひたすら好きなCMを見つけたら勝手にお知らせしているコーナーです.



#『一週間フレンズ。』主題歌版トレーラー
##主題歌:「奏(かなで) fo 一週間フレンズ。」スキマスイッチ


ただ、私を躊躇させる一抹の不安も感じていました。

「この主題歌版予告編を本編は越えられるのだろうか」

この作品について何も触れないまま、気がつけば、年が越え、
本編も上映されていました。
そんな風に思っていた昨日までの自分に成り代わり、
お詫びと訂正をいたします。

申し訳ございませんでした。私が間違っておりました。
青春ドラマの旗を振り続けているこの日記として、
観るべき映画本編でした。





映画【一週間フレンズ。



せつないっていうのは、痛みをともなう感情なんですね。
この映画の印象について、観る人によっては
さわやかで心地良い映画なのかもしれません。
ただ、私のような学生時代に痛くて苦しくて
のたうち回った経験がある人にとっては、
もうあの、後半のせつない期間はただただ痛くて、
注射針をさされている時に出てくるような涙を
流していました。

そんなこんなで最後、もうなんつうか言えませんが、
今あらためて、主題歌版予告編を見返すと、
最後に映し出される二人の微笑みに、
全てが救われたような気持ちになれるのです。



---
backCINEMA
posted by ozy- at 21:45 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 【CINEMA】
2017年02月15日

ありがとう ショコラ

真紀さんの夫さんが出ていった次の日のパーティーの写真が
出るたびに真紀さんの顔を真似してきました。
だいぶ様になってきたところですが、
今回、真紀さんご本人から、そのコツを聞くことができましたね。

世吹 すずめ(満島ひかり)
「どんな顔して写真撮ったんですか?」
巻 真紀(松たか子)
「…クソやろう」

これでもう、バッチリです。
カルテットのオフ会があるとすれば
集合写真はみなさんこの顔になっていることでしょう。



カルテット』 第5話
#脚本:坂元裕二 / 演出・プロデュース:土井裕泰.



岡中 兼(平原テツ)
「では設定をご説明をしますので、質問があったら 手をあげてください」

4人同時に手をあげます。

岡中
「みなさんは 地球外生命体である戦闘型カルテットです」

4人同時に手をあげます。当然です。

岡中
「えー、その名も"カルテット美剣王子 愛死天ROO(あいしてんルー)"」

4人同時に手をあげますが、ここは無視です。

岡中
「まず、巻さんの口グセが"ありがとう ショコラ"
 言ってもらっていいですか?」
真紀
「あり が とう、ショ コラ」
岡中
「うーん、もっとアラサーっぽく」
真紀
「ありがトゥ、ショコラ」

アラサーってこんなんでしたっけ。

岡中
「いい。すごく良い」

リハーサル室のスタッフもみなさん拍手。

受け入れられてます。



岡中
「ありがとう、ショコラ」
真紀
「ありがトゥ、ショコラ」
岡中
「よろしく頼 ムール貝」
別府 司(松田龍平)
「時すでにおすし」
岡中
「君じゃない!」

何度見ても、笑えます。



こんなにも楽しいパートがありながら、
頭をかかえてうずくまりながら見ていたパートもあったりして、
アップダウンがもう大変です。
ホント贅沢な一時間です。


来週の火曜日、2月21日は巻夫婦の結婚記念日。
何かあると思ってましたが、その直前に素敵な
バレンタインプレゼントをありがとう ショコラ。



---
backQuartet Doughnuts hole
posted by ozy- at 00:06 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(1) | 『カルテット』
2017年01月29日

あの 雲の彼方へ

家森 諭高(高橋一生)
「あの 僕がせっかくブイヤベース作ったんで
 餃子の話しながら食べるのやめません?」
巻 真紀(松たか子)
「ごめんなさい。ブイヤベースおいしいです」
別府 司(松田龍平)
「最高です」

こういう時、期待に応えてくれるのが すずめちゃんです。

世吹 すずめ(満島ひかり)
「何味が好きですか? シソとか?」
真紀
「あぁ、シソとか本当にうまいですよね」
家森
「シソなんか入れたら」
すずめ
「あ、あと棒」
真紀
「棒餃子でしょ」
別府
「おいしいですよねぇ。棒餃子」
家森
「すいません。そうやって話されると
 餃子食べてる気がしてくるんですよね」
真紀・すずめ・別府
「はい」
真紀
「ブイヤベース」
すずめ
「ブイヤベース」
家森
「言い聞かせなくていいから」

別府さん、もう完全に笑っちゃってますよ。

真紀
「餃子は、嫌い」
すずめ
「餃子は嫌い」
家森
「嫌いになろうと思えば思うほど、好きになるでしょ」

突然出てくる、真実の言葉。

真紀
「はっ。これに餃子入れたら」
すずめ
「餃子入れたら♪」

巻 鏡子(もたいまさこ)
「…楽しそうですね」

ほんとに。



すずめ
「落ちてるよくわからないモノを何で拾ってるんですか」
真紀
「これアレですよ(カーリングのストーン)。ここ持って、こうして…」

このドラマは1話のどこかで必ずコケるシーンが入ってるんですかね。
こういう小ネタって、連続モノならではですから、大切にして頂きたいです。



カルテット』 第2話
#脚本:坂元裕二 / 演出・プロデュース:土井裕泰.



今週、SPEEDの「White Love」が頭の中をぐるぐるしていたのは私だけではない気がします。

今週末、ちょっと熱が出ていたのですが、なんとか
地元の図書館のCDコーナーへ行ってきました。
"さ"行を探して、"す"の場所を見つけて
"SPEED"のアルバムが幾つか並んでいます。
よし、この街にはまだ『カルテット』フリークは
少ないようです。
1枚づつ、曲目を凝視しながら「White Love」が
収録されているアルバムを幾つか確保。
その中で、「White Love」の他に
「White Love(Christmas Standard)」も収録されている
アルバム「MOMENT(ベストアルバム)」を発見。
若干、熱がぶり返した気がしました。


さっそくSPEED「MOMENT」を握りしめて貸出カウンターへ。
しまった。このタイミングでSPEEDを借りてくるなんて、
「この人、『カルテット』の第2話を見たんだな」
と、
「影響されて、SPEED借りちゃってるんだな」
と、
わかる人にはわかってしまうではないですか。
恥ずかしい。
できれば、『カルテット』を見ていないような人が
貸出カウンターにいてほしい。
あぁ、何か若い女性だよ。
ドラマ好きなら見てるだろうな『カルテット』。
もういい。「White Love」の誘惑には勝てない。
意を決して、SPEED「MOMENT」を差し出します。
「お願いします」
風邪にやられたノドから、声がほとんど出ていません。
「はい」
あぁ、なんか顔を見られた気がする。
当然か。仕事ですし。
ちがう。緊張で声が裏返ったとかじゃなくて、
この赤くなってる顔もちょっと熱があるだけで、
決して恥ずかしいとかじゃないから。
わかって、地元のお姉さん。


何ごともなく無事借りられ、
今は思う存分聴いております。
「White Love」
明日からウォークマンで朝一番で聴く曲です。

シークレットトラックなんでしょうか。
CDの最後に「White Love(Christmas Standard)」の
カラオケバージョンが収録されていました。
当然流してみます。
テレビのリモコンをマイク代わりにして歌い出します。
かすれたノドから、声がまったく出てくれませんでした。



---
backQuartet Doughnuts holenext

posted by ozy- at 22:26 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(1) | 『カルテット』
2017年01月17日

いつか イオンモールで

やはり、圧倒的でした。

ドラマを見ているというよりも、
不思議な時間を過ごしたような、
これがきっと、かけがえのない時間になるのでしょう。


カルテット』 第1話
#脚本:坂元裕二.


ずっと続いている浮遊感。
着地しそうになると、ふわっとまた舞い上がって、
宙に浮かんでいる。
1箱1,600円の紫式部のように。

突然、訪れる緊張感。
あの、坂元裕二さんが、帰ってきました。

おかえりなさい。



---
Quartet Doughnuts holenext

posted by ozy- at 23:28 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(1) | 『カルテット』
2017年01月08日

僕らのシネマ

 「映画を観終わった直後に書いてるみたいだけど、
  あまり内容に触れてないよね」
 「勢いだけで書いてるんでしょ。いつものことよ」
 「でも、映画をこれから観る人のために気をつかってるんじゃない?」
 「憶えてないだけよ」
 「そうなんだ」
 「そうよ。だってベンチでメモしてる時点でそうよ」
 「ベンチじゃねぇ」
 「ベンチだもん」



-2017年-

一週間フレンズ。
(2/25) 「長谷くん、だよね」

ぼくは明日、昨日のきみとデートする
(1/08) 「また 会えるかな」


-2016年-

聲の形
(9/18) みずにながす
(9/28) 泣いたのは何度目か

青空エール
(8/20) 青春エール

僕だけがいない街
(4/08) もしも千葉に住んでいたなら


-2015年-

レインツリーの国
(11/30) For You

俺物語!!
(11/03) 俺、語る!!

愛を積むひと】 【海街diary
(6/27) 山と海

風に立つライオン
(3/14) よりどころ

幕が上がる
(3/01) 宇宙の果てまで

くちびるに歌を
(2/28) 今を生きている

悼む人
(2/14) 刻むひと


-2014年-

小野寺の弟 小野寺の姉
(11/15) ありがとうの香り 

思い出のマーニー
(9/12) さよならを言うために 

WOOD JOB(ウッジョブ)! 神去なあなあ日常
(5/11) 心のふんどし 巻いてこう 

大人ドロップ
(4/20) P.S.のP.S. 

神様のカルテ2
(3/27) 永遠の1分 

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜
(3/10) 責任 

麦子さんと
(1/16) 心の岸辺に咲きました 


-2013年-

風立ちぬ
(7/20) 白い坂道 

すーちゃん まいちゃん さわ子さん
(3/05) あくびなみだ 

鈴木先生
(1/27) 心にいつもループタイ 


-2012年-

グッモーエビアン!】【カラスの親指
(12/19) それだけでいい

今日、恋をはじめます
(12/18) 今日、恋をはじめます。かしこまりました

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
(9/13) 踊る後夜祭

桐島、部活やめるってよ
(8/18) サックスを吹いて泣け

BRAVE HEARTS 海猿
(7/16) あの海を忘れない

ガール
(6/11) ときめきとナベ

麒麟の翼 劇場版・新参者
(2/20) 原点


-2011年-

けいおん!
(12/23) 思い出のカケラ

モテキ
(10/19) 恋の運命 愛の証明

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(6/04) 本当に

阪急電車 片道15分の奇跡
(5/03) ハンカチリレー

まほろ駅前多田便利軒
(4/24) 映画【まほろ駅前多田便利軒】の舞台裏メモ
(5/15) 三浦しをん×鴻巣友季子 at まほろ市

ドラえもん 新のび太と鉄人兵団 はばたけ 天使たち
(1/22) 僕らの少年期
(3/14) あのマフラーを忘れない

劇場版マクロスF サヨナラノツバサ
(3/06) long long good-bye

あしたのジョー
(2/13) 泪橋

DOCUMENTARY of AKB48 to be continued
(1/23) 渡辺麻友「与次郎ー!!」

最後の忠臣蔵
(1/01) 十六年


-2010年-

SPACE BATTLESHIP ヤマト
(12/02) 何もかも皆

SP THE MOTION PICTURE 野望篇
(10/30) 残念な男

君に届け
(10/03) 「これからもよろしく」

おにいちゃんのハナビ
(9/25) オレンジ

BECK
(9/04) 「good night...」

川の底からこんにちは
(7/17) 中の下

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!
(7/03) 「ありがとう。涙」
(7/05) 夢の続き

告白
(6/07) 想像と衝動
(6/17) 案の定 [from ああだこうだ言うsp]

のだめカンタービレ 最終楽章 後編
(4/21) 楽しい音楽の時間

半分の月がのぼる空
(4/06) 一瞬でも長く…

時をかける少女
(3/21) 星座も越えるから

ゴールデンスランバー
(2/21) “だと思った”

劇場版 涼宮ハルヒの消失
(2/06) 手のひらのゆき
(2/07) 兵庫県立西宮北高等学校上り坂登頂にて [from ああだこうだ言うsp]


-2009年-

のだめカンタービレ 最終楽章 前編
(12/19) かていのじじょう

風が強く吹いている
(12/03) 答えは風の中にある

沈まぬ太陽
(11/10) 太陽の狭間

Michael Jackson's THIS IS IT
(11/06) Anno MJ

本格科学冒険映画 20世紀少年』 最終章-ぼくらの旗-
(8/31) 20世紀を忘れない

時をかける少女
(8/15) またこの季節が廻ってく

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
(7/04) 青い空をつかむ

ROOKIES -卒業-
(6/01) 軌跡

おと・な・り
(5/11) 風囲気

おっぱいバレー
(4/19) 胸をはって前を向け

おくりびと
(3/01) 言葉にならない aada

少年メリケンサック
(2/19) 土手にすわってレンゲを編んで

本格科学冒険映画 20世紀少年』 第2章-最後の希望-
(2/01) カンナのオールナイトニッポン♪

K-20 怪人二十面相・伝
(1/01) 犯人は俺だ


-2008年-

櫻の園 −さくらのその−
(11/01) 私の秘密

容疑者Xの献身
(10/06) 誰も幸せにはなれない

本格科学冒険映画 20世紀少年』 第1章-終わりの始まり-
(8/30) いらっしゃいませぇい

デトロイト・メタル・シティ
(8/24) 甘い甘い地獄行き

崖の上のポニョ
(7/19) 灯台もと暮らし

僕の彼女はサイボーグ
(5/11) サイボーグ・シー

少林少女
銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜
(5/01) 僕らの二大カントク

うた魂♪
(4/06) DJB

陰日向に咲く
(3/06) 晴れ渡る空の写真


-2007年-

自虐の詩
(11/10) 幸せ江 aada

秒速5センチメートル
(10/24) 言えなかった言葉

包帯クラブ
(9/19) 未来のぬくもり

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
(9/02) 初心表明文

夕凪の街 桜の国
(8/06) 金魚が仰いだ空

舞妓Haaaan!!!
(6/18) 一見さんはおとこまえ

パッチギ! LOVE&PEACE
('05/2/14) とうとうと流る
(5/03) アーマーゾーン

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
(4/14) 夜明けを見つめて

バッテリー
(3/11) ど真ん中じゃ

幸福な食卓
(1/27) おぅ -for the Film- 幸福な食卓


-2006年-

大奥
(12/24) 一夜の花

手紙
(11/04) オレノアニキ

ただ、君を愛してる
(10/30) もうひとつの物語

夜のピクニック
('05/4/26) 歩行祭のように果てしなく aada
(10/01) キープ・オン

ハチミツとクローバー
(7/30) 青春の輝き

日本沈没
(7/15) 虹のかけら aada

初恋
(6/11) はじまりはいつも雨

明日の記憶
(5/27) 薄れゆく記憶の中で

LIMIT OF LOVE 海猿
(5/06) 空をあきらめない

「第29回(2005年度)日本アカデミー賞授賞式」
(3/04) オダギリジョーヘアーコレクション2006

博士の愛した数式
(2/14) 数式で繋がる記憶

1リットルの涙
(2/05) 1リットルのアリア


-2005年-

蝉しぐれ
(10/01) 僕が沈むまで

タッチ
(9/20) 星屑ロンリネス

NANA
(9/04) ENDLESS 『NANA』 STORY aada

リンダリンダリンダ
(8/13) 心のずっと奥の方

亡国のイージス
(8/07) もちっとリングにみた『亡国のイージス』

逆境ナイン
(7/09) この夏一番の逆境
(7/10) あなたも夢をあきらめないで aada
(7/16) 別冊『逆境ナイン』再熱の夜

電車男
(3/01) 電車で読んでる男
(6/24) 秋葉原電車まつり

雲のむこう、約束の場所
(6/05) 雲のむこう、俺たちの約束

恋の門
(4/23) 松尾スズキ×宮藤官九郎

誰も知らない
(3/19) Nobody Knows

ローレライ
(3/16) 逆パウラ

「第28回(2004年度)日本アカデミー賞授賞式」
(2/19) ダブル太陽

パッチギ!
(2/14) とうとうと流る
('07/5/3) アーマーゾーン


-2004年-

ラブストーリー
(7/17) すいかチョップ aada

世界の中心で、愛をさけぶ
(5/03) 愛をさけぶ前に
(5/05) 世界の後に続くもの
(6/02) からあげクンとご一緒に
(6/09) 釣られてきました aada

ホテルビーナス
(3/22) ビーナスエンジン ozy-はブレない

アイデン&ティティ
(1/01) I am アイデン,You are ティティ? aada


-2003年-

1980
(12/12) 夜勤明けに見た青白き星達よ aada

木更津キャッツアイ日本シリーズ
(10/31) 木更津キャッツ愛のテーマ aada
(11/23) 抱いてやる!!キャッツアイ

劇場版『タッチ』三部作
(7/27) 「めざせガッチャン甲子園」クピポー aada

踊る大捜査線 THE MOVIE 2
(7/22) ダンス・ウィズ・くるぶし/踊る前夜祭
(7/23) 踊る大捜査線ザ・ムーディー/いつもながら本筋にビタ一文触れず

ピカ☆ンチ
(6/28) 夏イチ『STAND UP!!』予習は「ピカ☆ンチ」で

posted by ozy- at 23:59 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 【CINEMA】
2017年01月08日

「また 会えるかな」

ある時からずっと
彼女のことを考えていた。
あの時、どんなことを思っていたんだろう。
彼からの言葉を、どんな気持ちで受け止めていたんだろうと。
想像するしかなかった。
想像するだけで、泣いていた。




映画【ぼくは明日、昨日のきみとデートする
#原作:七月隆文 / 脚本:吉田智子 / 監督:三木孝浩.



起こる事はわかっているのに、
彼女の内面は、その時感じたことであふれていく。
行動と内面が交錯する。
彼女と彼の運命のように。
ぐるぐるまわる歯車の頂点に達した時、
彼女の感情が涙となって、あふれ出る。
何度もまわる歯車の、最後の頂点で、
物語は幕をおろす。
最高の終わり方。


エンドロール、
back number「ハッピーエンド」が流れる中、
僕らは彼女のことを考える。
彼の5年後のことを考える。
きっと彼は彼女が伝えたことを
5年後、10年後、15年後も実行するのだろう。
結果、彼女に初めて恋心を抱かせる相手として。



映画館を出ると、すっかり暗くなっていた。
夜空をふと見上げてしまう。
月の光が欠けている。

彼女と彼の物語は僕らの中でも続いてく。



---
backCINEMA
posted by ozy- at 22:24 | 東京 ☔ | aada coda iu(0) | track back(1) | 【CINEMA】